V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
367
[開催日]
2017/01/15
[会場]
神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸)
[観客数]
4,500
[開始時間]
13:08
[終了時間]
14:44
[試合時間]
1:36
[主審]
石井 洋壮
[副審]
山本 晋五

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 22
通算: 8勝9敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:26】
19 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:32】
23
26 第3セット
【0:32】
24
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 12
通算: 4勝13敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は、前半サーブで攻めることができずなかなかリズムを掴むことが出来なっかったが、ブロックからリズムを作り粘り強く得点を重ねることができた。
 苦しい場面でも、各自が役割を果たすことができる様になってきたので、また来週に向けてしっかりと準備を進めていきたい。
 本日も寒い中たくさんの応援をいただき、ありがとうございました。

25 カーリー
()
木村(沙)
()
居村
()
金田
()
19
田代
()
堀川
()

(宇賀神)
宮下
(吉田)
迫田
()
大野
()
大升
()
川島
()
木村(美) (中島) リベロ 丸山(亜) (森田)
25 カーリー
()
木村(沙)
()
大升
(川畑(愛))
宮下
(林)
23
田代
()
堀川
()
居村
()
山口
()
迫田
(野村)
大野
()

(宇賀神)
金田
()
木村(美) (中島) リベロ 丸山(亜) (森田)
26 カーリー
(中田)
木村(沙)
()
山口
(金田)
大升
(佐々木)
24
田代
()
堀川
()

(泉)
宮下
()
迫田
(野村)
大野
(伊藤)
川畑(愛)
()
居村
()
木村(美) (中島) リベロ 丸山(亜) (森田)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 3セットともチャンスを見い出しながら最後の1,2点の決め手不足がストレート負けの要因になったように思う。
 チャンスがある時にきちんと点を取り切るディフェンス、オフェンスの精度を上げることが必要。体力、精神力ともにバランスを考えながら、経験を重ね段階を経ることも大事である。
 ファンの皆様の期待に応えたい強い思いを一層強く持ち、やりきってほしい。
 大変寒い中、たくさんの熱いご声援ありがとうございました。

要約レポート

 1セット目、東レアローズは大野のサービスエースからリズムに乗り、木村(沙)のアタックが連続で決まる好スタートを切った。岡山シーガルズは大升、泉のアタックで反撃するがコンビが使えず相手のブロックに捕まり東レが先取する。
 2セット目、岡山は好レシーブからコンビを使った速い攻撃を展開する。しかし東レはカーリーの高い打点からのアタックが冴えてこのセットも連取する。
 3セット目、後のない岡山はスターティングメンバーに起用した川畑(愛)のアタックや山口の移動攻撃で得点を重ねるが、東レのカーリー、木村(沙)の高いブロックが要所で出てストレートで勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 松上 麻美