V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
365
[開催日]
2017/01/15
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
2,230
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:49
[試合時間]
1:49
[主審]
渡部 菜保子
[副審]
浅井 唯由

トヨタ車体クインシーズ

監督: 多治見 麻子
コーチ: 印東 玄弥
通算ポイント: 26
通算: 9勝8敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
19 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:24】
21
22 第3セット
【0:28】
25
25 第4セット
【0:26】
19
第5セット
【】

【 】内はセット時間

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 11
通算: 3勝14敗

( )内は交代選手

監督コメント

 選手、スタッフ一同が、気持ちを切り替え臨むことができた一戦であった。
 得セットでは自チームのサーブが機能していた。強いサーブだけでなく、ブロックと関連つけて狙う場所や、球質等も強化していきたい。状況が悪くても荒木・辻らミドル陣の攻撃参加の意識が3レグに入り強くなってきているのも良い収穫であった。
 ディフェンス面では比金・小田が安定した働きでゲームを作ってくれた。まだ、新人ではあるが、辻のブロックによりコースを限定させていることもあり、総合的に良い展開を作ることができた。
 本日も、熱いご声援ありがとうございました。

25
()
高橋
()
三橋
()
宇田
()
19
比金
()
小田
()
ドリス
(高橋)
清水(眞)
()
ポリーナ
()
荒木
()
松浦
()
江畑
()
榊原 リベロ 新井
25 高橋
()
小田
()
宇田
()
清水(眞)
(大保)
21

()
荒木
()
三橋
()
江畑
()
比金
()
ポリーナ
()
ドリス
(高橋)
松浦
()
榊原 リベロ 新井
22
()
高橋
()
宇田
()
清水(眞)
(大保)
25
比金
()
小田
()
三橋
()
江畑
()
ポリーナ
()
荒木
()
ドリス
(高橋)
松浦
()
榊原 リベロ 新井
25 高橋
()
小田
()
清水(眞)
()
江畑
()
19

()
荒木
()
宇田
()
松浦
()
比金
()
ポリーナ
()
三橋
()
ドリス
(高橋)
榊原 リベロ 新井

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 トヨタ車体エースのポリーナ選手を攻略することが最大の課題だったが、それをできなかったことが今日の敗因であった。
 もう少し、ブロックとレシーブの精度を上げなければ、勝利に結びつかないことを痛感したゲームであった。
 残り4試合だが、最後まで諦めづに全力で戦いたい。
 次週は、今シーズン最初で最後のホームゲームとなるため、沢山の応援に応えられるよう全力で臨みます。
 東京大会2日間、たくさんの応援をいただき、誠にありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル6に向け勝利したいトヨタ車体クインシーズと、上位に食い込みたいPFUブルーキャッツとの一戦。
 第1セット、序盤トヨタ車体ポリーナのノータッチサービスエースでリードしたトヨタ車体に対して、PFUは江畑を中心に清水(眞)のブロード攻撃、さらにドリスのクイック攻撃とトヨタ車体を追い詰めるが、トヨタ車体リベロの榊原の好レシーブなどにより追いすがるPFUを振り切り、第1セットを先取した。
 第2セット、PFUドリスのブロード攻撃や松浦のブロック・江畑のバックアタックでリードするが、トヨタ車体荒木の連続ブロック、ポリーナのアタックなどで逆転すると、最後はポリーナの強烈なバックアタックで第2セットを連取する。
 後がないPFUは、ドリスのブロード攻撃を中心に、江畑・三橋のアタックや、三橋のサービスエースなどで第3セットを取り返した。
 第4セット、PFUドリスの移動攻撃、江畑のスパイクと攻撃をするも、トヨタ車体はポリーナのバックアタックがPFUの勢いをとめ、さらに荒木の効果的なブロックやポリーナのバックアタックで得点を重ね、勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 金廣 美喜夫