V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
361
[開催日]
2017/01/14
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
2,860
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:16
[試合時間]
2:16
[主審]
浅井 唯由
[副審]
渡部 菜保子

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 33
通算: 11勝5敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:27】
20 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:22】
12
29 第3セット
【0:36】
31
20 第4セット
【0:25】
25
15 第5セット
【0:14】
10

【 】内はセット時間

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 11
通算: 3勝13敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日も沢山のご声援ありがとうございます。
 先週の2連敗から、しっかりと気持ちを引き締め直し臨みました。
 今日は、ファーストレシーブの乱れも少なく、序盤は自分たちのプレーができたと思います。渡邊のキレが良く、思い切った攻めができましたが、3セット目からコンビミスなど自分たちのミスが増え、流れが変わってしまいました。個々のミスを修正し、明日のNEC戦も引き続き気持ちを入れ勝ちに行きたいと思います。
 明日もご声援の程宜しくお願い致します。

25 ジャクソン
(長内)
内瀬戸
()
宇田
()
清水(眞)
()
20
佐藤(美)
()
遠井
()
三橋
()
江畑
()
渡邊
()
井上
(芳賀)
ドリス
(高橋)
松浦
()
佐藤(あ) リベロ 新井
25 ジャクソン
()
内瀬戸
()
ドリス
(高橋)
三橋
()
12
佐藤(美)
()
遠井
(下平)
松浦
(石橋)
宇田
()
渡邊
()
井上
(芳賀)
江畑
()
清水(眞)
()
佐藤(あ) リベロ 新井
29 ジャクソン
(長内)
内瀬戸
()
ドリス
(高橋)
三橋
()
31
佐藤(美)
()
遠井
(下平)
松浦
()
宇田
(村上)
渡邊
()
井上
(芳賀)
江畑
()
清水(眞)
(大保)
佐藤(あ) リベロ 新井
20 渡邊
()
佐藤(美)
()
宇田
()
清水(眞)
(大保)
25
井上
(芳賀)
ジャクソン
()
三橋
(高橋)
江畑
()
遠井
(小池)
内瀬戸
()
ドリス
(槇田)
松浦
()
佐藤(あ) リベロ 新井
15 佐藤(美)
()
ジャクソン
()
宇田
()
清水(眞)
(高橋)
10
渡邊
()
内瀬戸
()
三橋
()
江畑
()
井上
(芳賀)
遠井
(小池)
ドリス
()
松浦
()
佐藤(あ) リベロ 新井

監督コメント

 1、2セット目はミスの多い展開で自滅してしまいました。3セット目は粘りの中からデュースをものにして競り勝ちをし、4セット目もよい状態でセットをとれた。しかし、5セット目はセット前半でリードされそのまま敗戦となり、悔しい展開になってしまいました。
 粘りのあるプレーができている時は、自分たちのゲーム展開ができているので、良い準備をして明日のトヨタ車体戦に臨みたい。
 本日も沢山の方に応援をいただき、誠にありがとうございました。

要約レポート

 現在3位の日立リヴァーレと、久光製薬を破り勢いをつけたPFUブルーキャッツとの対戦。
 第1セット、序盤から日立は遠井・ジャクソン・渡邊のアタックでリードし井上のサーブポイント、ジャクソンのブロックでリードを広げる。中盤、PFUも松浦のブロック、ドリスに代った高橋の連続サービスエースで追撃するが、終盤、日立は遠井のアタック、内瀬戸のブロック、最後はジャクソンの高さの有るアタックでセットを先取する。
 第2セット、日立は1セット目の勢いのまま、渡邊の3連続アタックポイント、佐藤(美)のサービスポイントで大量リードする。中盤、PFUも江畑、ドリスのアタックで追いすがるも、日立は渡邊の切れの有るアタックでセットを連取する。
 第3セット、序盤から日立は渡邊・ジャクソン・内瀬戸のアタック、PFUも江畑・ドリス・三橋のアタックで終盤まで互いに譲らず一進一退のゲーム。日立は渡邊のアタックでマッチポインとするが、PFUもドリスのアタックでデュースとし、PFUは宇田のアタックでリードし、最後は三橋の強烈なアタックでセットを奪取する。
 第4セット、前のセットを勝ち取ったPFUはその勢いのまま序盤からドリス・江畑・三橋のアタックでリードする。日立もジャクソン・遠井のアタック、で追従するも終盤、PFUは江畑の強烈なバックアタックでリードを広げ、清水(眞)のアタックでセットを連取する。
 ファイナルセット、日立は序盤から内瀬戸・渡邊のアタックでリードする。PFUもドリス・江畑のアタックで追従する。日立は8‐6から渡邊・内瀬戸のアタックで連続3得点でリードし、終盤、ジャクソンのブロックでリードを広げ、追いすがるPFUを振り切り、熱戦に勝利する。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 塚本 健二