V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
356
[開催日]
2017/01/08
[会場]
秋田県立体育館
[観客数]
3,524
[開始時間]
15:45
[終了時間]
17:07
[試合時間]
1:22
[主審]
明井 寿枝
[副審]
桑原 健輔

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 31
通算: 10勝5敗
0

ポイント
0
13 第1セット
【0:21】
25 3

ポイント
3
16 第2セット
【0:25】
25
27 第3セット
【0:30】
29
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 24
通算: 8勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日も沢山のご声援ありがとうございました。
 第1セット中盤から、栗原を投入し高さあるスパイクで攻めました。JTの粘りあるつなぎで、なかなか1本で切ることができず、自分たちのミスも昨日の試合に引き続き多かったと思います。まずはファーストレシーブを確実にセッターへ送り、日立リヴァーレらしいバレーを展開してチーム全員気持ちをひとつに、立て直さなければならないです。
 気持ちを切り替え来週も頑張りますので、引き続きご声援の程よろしくお願い致します。

13 佐藤(美)
(下平)
ジャクソン
()
寺井
()
シッティラック
()
25
長内
(小池)
内瀬戸
()
中村
()
田中(美)
()
芳賀
()
遠井
(栗原)
田中(瑞)
()
奥村
(高橋)
佐藤(あ) リベロ 小幡
16 ジャクソン
()
内瀬戸
()
寺井
(位田)
シッティラック
()
25
佐藤(美)
()
長内
(遠井)
中村
()
田中(美)
()
栗原
(渡邊)
芳賀
(井上)
田中(瑞)
()
奥村
(高橋)
佐藤(あ) リベロ 小幡
27 井上
(芳賀)
渡邊
()
寺井
(位田)
シッティラック
()
29
遠井
(小池)
佐藤(美)
()
中村
()
田中(美)
()
内瀬戸
()
ジャクソン
(下平)
田中(瑞)
()
奥村
(高橋)
佐藤(あ) リベロ 小幡

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日の敗戦から切り替え、集中力を持って戦うことができた。特にサーブが効果的であり、ブロックとスパイクレシーブが機能したことで自チームのリズムで戦うことができた。しかし、各セット中盤以降にプレーの精度が落ち、連続失点をする場面があったので、今後改善していきたい。
 来週以降、大事な試合が続くのでしっかり準備をして臨みたい。
 本日は寒い中、たくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 どちらも連敗は避けたい日立リヴァーレとJTマーヴェラスの試合。
 第1セット、JTは日立のブロックに的を絞らせない多彩な攻撃で得点し、11-6と大量リードを奪う。流れを変えたい日立は、栗原を投入するもJTの流れを止められず、25-13でJTが先取する。
 第2セットもJTは序盤から粘り強いレシーブでリズムを作り、優位に試合を進める。JTは田中(瑞)のサーブから一気に日立を引き離し、その後も日立はサーブレシーブが返らず、なかなか得点ができない。日立は終盤追い上げを見せるも及ばずJTが連取した。
 第3セット、後がない日立だがミスが重なり2-5となったところでタイムアウトを取る。中盤以降も日立はミスが目立ちリズムを掴めないが、JTは田中(瑞)がスパイクを確実に決め、17-12とリードする。ホームゲームで負けられない日立は終盤追い上げをみせデュースまで持ち込む。粘り強いレシーブを見せたJTが、第3レグ初戦を勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 糸井 淳孝