V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
353
[開催日]
2017/01/07
[会場]
秋田県立体育館
[観客数]
2,575
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:24
[試合時間]
2:24
[主審]
服部 篤史
[副審]
明井 寿枝

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 15
通算: 5勝9敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:25】
17 2

ポイント
1
16 第2セット
【0:23】
25
25 第3セット
【0:26】
20
29 第4セット
【0:34】
31
21 第5セット
【0:24】
19

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 21
通算: 7勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 試合の方は、相手の粘り強りバレーに苦しむ展開となりましたが、全員で力を合わせて勝利する事ができた事は大きかったと思う。
 今日の勝利を明日の試合へつなげられる様、しっかりと準備をしていきたい。
 本日も寒い中、たくさんの応援をいただきありがとうございました。

25 カーリー
()
木村(沙)
()
シッティラック
()
田中(美)
(橘井)
17
田代
()
堀川
(中川)
小川
()
奥村
(高橋)
迫田
()
大野
(中田)
中村
(山本)
田中(瑞)
()
木村(美) (中島) リベロ 小幡
16 カーリー
()
木村(沙)
()
寺井
()
シッティラック
()
25
田代
()
堀川
(中川)
中村
()
田中(美)
()
迫田
()
大野
()
田中(瑞)
()
奥村
()
木村(美) (中島) リベロ 小幡
25 カーリー
()
木村(沙)
()
シッティラック
()
田中(美)
()
20
田代
(中川)
堀川
()
寺井
()
奥村
()
迫田
()
大野
()
中村
()
田中(瑞)
()
木村(美) (中島) リベロ 小幡
29 カーリー
(中田)
木村(沙)
()
寺井
(位田)
シッティラック
()
31
田代
()
堀川
()
中村
(橘井)
田中(美)
()
迫田
(野村)
大野
()
田中(瑞)
()
奥村
(高橋)
木村(美) (中島) リベロ 小幡
21 カーリー
(中田)
木村(沙)
()
寺井
(位田)
シッティラック
()
19
田代
()
堀川
()
中村
(橘井)
田中(美)
()
迫田
(野村)
大野
()
田中(瑞)
()
奥村
(高橋)
木村(美) (中島) リベロ 小幡

監督コメント

 東レのディフェンスに攻撃が阻まれ、自チームのリズムで戦うことができなかった。中盤以降、修正して戦えた場面もあったが、最後の勝負所での精度を欠き、勝ちにつなげられなかった。明日から3レグが始まるので、しっかりと気持ちを切り替え、自チームの目指すバレーを展開できるよう準備していきたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 連敗を脱出したい東レアローズと、2レグを勝利で終え3レグへ勢いをつけたいJTマーヴェラスの試合。
 第1セット、木村(沙)のサーブから東レが抜け出すと、迫田の連続得点などで点差を広げる。一度は流れがJTに傾くが木村(沙)のレフトからの強烈なスパイクで流れを断ち切り東レが先取した。
 第2セット、序盤は拮抗した試合展開となる。中盤JTがシッティラックのスパイクで抜け出すと、東レのミスもあり点差を広げる。その後も多彩な攻撃で得点を重ねたJTがセットを取り返す。
 第3セット、一進一退の攻防が続くが、終盤に堀川の連続得点で抜け出した東レが第3セットを取り返す。
 第4セット、東レは迫田、堀川のスパイクが決まり試合を優位に進める。JTは終盤に追いつき、田中(瑞)のブロックで逆転に成功。最後はシッティラックがスパイクを打ち切り試合はフルセットへ進めた。
 第5セット、終盤に東レが連続ブロックで抜け出すもJTはすぐに追いつく。デュースの末、最後は田中(瑞)のスパイクがアウトになりセットカウント3-2で東レが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 糸井 淳孝