V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
351
[開催日]
2016/12/11
[会場]
佐賀県総合体育館
[観客数]
2,203
[開始時間]
13:05
[終了時間]
15:30
[試合時間]
2:25
[主審]
國頭 亮太
[副審]
北村 友香

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 20
通算: 7勝6敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:34】
27 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:30】
22
21 第3セット
【0:27】
25
25 第4セット
【0:25】
18
15 第5セット
【0:17】
11

【 】内はセット時間

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 7
通算: 2勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 PFUの高い攻撃に苦しめられ、自チームのリズムをなかなか掴めなかったが、一人一人が自分の役割を責任持ってプレーし続けたことが勝ちに繋がったと思う。しかし、まだまだ課題が多く、修正すべき点があるので、年始のリーグ再開に向けて課題を整理し、改善していきたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

25 田中(瑞)
()
中村
()
ドリス
(大保)
三橋
()
27
奥村
(高橋)
寺井
(位田)
松浦
()
狩野
()
田中(美)
()
シッティラック
()
江畑
()
清水(眞)
(宇田)
井上 リベロ (新井)
25 田中(瑞)
()
中村
()
三橋
(高橋)
狩野
()
22
奥村
(高橋)
寺井
(橘井)
ドリス
()
清水(眞)
(宇田)
田中(美)
()
シッティラック
(位田)
松浦
()
江畑
()
井上 リベロ (新井)
21 田中(瑞)
()
中村
()
ドリス
(大保)
三橋
()
25
奥村
(高橋)
寺井
(位田)
松浦
()
狩野
()
田中(美)
()
シッティラック
()
江畑
()
清水(眞)
(宇田)
井上 (小幡) リベロ (新井)
25 奥村
()
田中(瑞)
()
三橋
(高橋)
狩野
()
18
田中(美)
()
中村
(橘井)
ドリス
(宇田)
清水(眞)
()
シッティラック
()
寺井
(高橋)
松浦
(石橋)
江畑
()
(小幡) リベロ (新井)
15 奥村
(高橋)
田中(瑞)
()
ドリス
(高橋)
江畑
()
11
田中(美)
()
中村
()
松浦
()
宇田
()
シッティラック
()
寺井
(位田)
狩野
()
清水(眞)
(大保)
(小幡) リベロ (新井)

監督コメント

 フルセットでの敗戦は非常に厳しいものになったが、1セット1セットチーム力はついてきてるので、しっかり自分たちで良い準備をして年明けのリーグ再開に臨みたい。
 佐賀大会2日間大変たくさんの応援を頂き、誠にありがとうございました。PFUブルーキャッツはもう一度チームを立て直し、チャレンジしていきますので、引き続き応援宜しくお願いいたします。

要約レポート

 年内最後の戦いに勝利し、年明けのリーグ戦再開に向けて弾みをつけたいJTマーヴェラスとPFUブルーキャッツの一戦。
 第1セット、PFUはドリスの速攻や江畑のバックアタックなどで得点を重ねる。一方JTも田中(瑞)のスパイクで応戦。中盤JTは好守備から流れを掴み、シッティラックが、スパイクやサーブで活躍。PFUも三橋のスパイクで応戦し、一進一退の攻防が続いたが、最後はPFUが接戦を制した。
 第2セット、競った展開から徐々にJTがリードを広げる。終盤、PFUはドリスの高さのあるスパイクや三橋の活躍で盛り返す展開に。最後はJTが粘るPFUを振り切った。
 第3セット、序盤JTは田中のスパイクや奥村の移動攻撃などでペースを掴む。中盤、PFUは堅い守備をみせ、競った展開となる。勢いに乗ったPFUは終盤まで優位に試合を進め、そのままセットを奪取した。
 第4セット、序盤ペースを掴んだのはJT。その後も奥村の攻撃などが効果的に決まり、セットを取り返した。
 最終セット、JTはセッターの田中(美)がサイド攻撃を多用し、田中(瑞)、シッティラックが決める。PFUもブロックで応戦するが、一歩及ばず。JTがフルセットの激闘を制し、今年最後のゲームを白星で終えた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 中村 友彦