V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
347
[開催日]
2016/12/10
[会場]
佐賀県総合体育館
[観客数]
2,709
[開始時間]
15:10
[終了時間]
16:32
[試合時間]
1:22
[主審]
山本 晋五
[副審]
國頭 亮太

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 27
通算: 9勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:20】
16 0

ポイント
0
27 第2セット
【0:32】
25
25 第3セット
【0:24】
13
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 18
通算: 6勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日も沢山のご声援ありがとうございました。前回のJT戦は、惜しくもフルセットで敗退していますのでその悔しさをバネに臨みました。遠井の前後の打ち分けと渡邊のスパイクでリードをすることが出来ました。
 2セット目終盤の粘りは非常に良かったと思います。私達の流れを掴んだまま、良い試合運びが出来ました。
 明日も引き続き日立リヴァーレらしいプレーが出来るよう頑張ります。

25 ジャクソン
()
内瀬戸
()
シッティラック
()
田中(美)
()
16
佐藤(美)
()
遠井
()
小川
()
奥村
()
渡邊
()
芳賀
()
中村
()
田中(瑞)
()
佐藤(あ) リベロ 井上
27 佐藤(美)
()
ジャクソン
()
寺井
(高橋)
シッティラック
()
25
渡邊
()
内瀬戸
()
中村
(橘井)
田中(美)
()
芳賀
()
遠井
(下平)
田中(瑞)
()
奥村
(位田)
佐藤(あ) リベロ 井上
25 ジャクソン
(長内)
内瀬戸
()
寺井
(高橋)
シッティラック
()
13
佐藤(美)
()
遠井
(下平)
中村
(山本)
田中(美)
(橘井)
渡邊
()
芳賀
()
田中(瑞)
()
奥村
()
佐藤(あ) リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 試合序盤から日立リヴァーレのディフェンスに攻撃が阻まれる機会が多く、苦しい試合展開となった。またラリー中での各プレーの精度が悪く、最後まで相手のペースでの試合となった。
 明日の試合に向けて、選手一人一人がそれぞれの役割を果たせるようしっかり準備して臨みたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 第1レグの対戦でフルセット勝利した。連勝を狙うJTマーヴェラスと巻き返しを図りたい日立リヴァーレの対戦。
 第1セット、日立の遠井、内瀬戸とJTのシッティラック、中村の打ち合いの展開。中盤、日立はサイドからの攻撃が冴え、差を広げる。日立の吉賀のサービスエースなどもあり大差で日立が勝利した。
 第2セット、序盤から日立は渡邊、遠井にボールを集め試合を優位に進める。中盤、JTは中村、田中(瑞)、シッティラックのスパイクなどで徐々に日立に迫る。両チームともに、好レシーブから攻撃につなげ、一進一退の展開に。デュースにもつれ込む接戦になったが、最後は日立の佐藤(あ)の好レシーブから攻撃を仕掛け日立が連取した。
 第3セット、日立は内瀬戸、遠井、渡邊らのサイド攻撃が効果的に決まり、試合を優位に進める。中盤からも日立の勢いは止まらず渡邊の攻撃などでさらに差が広がる。後がないJTはシッティラックの攻撃などで反撃を試みるが、終盤日立は芳賀の速攻やジャクソンのブロックも加わり大差で勝利をあげ第1レグ借りを返した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 中村 友彦