V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
346
[開催日]
2016/12/10
[会場]
川崎市とどろきアリーナ
[観客数]
3,615
[開始時間]
15:45
[終了時間]
17:41
[試合時間]
1:56
[主審]
明井 寿枝
[副審]
田野 敏彦

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 23
通算: 8勝4敗
3

ポイント
3
14 第1セット
【0:23】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:32】
19
25 第3セット
【0:25】
17
25 第4セット
【0:27】
17
第5セット
【】

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 12
通算: 4勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 
 ホームゲームの大声援を力に変えて勝利することが出来て良かった。スタートは相手のリズムで本来の力が出せなかったが、第2セットからは緩急をつけた攻撃でリズムを取り戻せることが出来て落ち着いて試合が出来た。
 明日もチーム全員で戦っていきたい。
 たくさんの応援ありがとうございました。

14 古賀
()
山口
(ニコロバ)
佐々木
()
宮下
()
25
上野
(島村)
大野
()
川島
()
山口
(居村)
柳田
(正)
近江
()

()
金田
()
鳥越 リベロ 丸山(亜)
25 柳田
()
大野
(廣瀬)
居村
()
佐々木
()
19
近江
(ニコロバ)
古賀
(岩崎)

(川畑(愛))
宮下
(吉田)
島村
()
山口
()
金田
()
川島
(大楠)
鳥越 リベロ 丸山(亜) (森田)
25 島村
(廣瀬)
近江
()
佐々木
(吉田)
宮下
(川畑(愛))
17
山口
(ニコロバ)
柳田
()
川島
()
山口
(居村)
古賀
()
大野
()

(宇賀神)
金田
()
鳥越 リベロ 丸山(亜) (森田)
25 島村
(廣瀬)
近江
(上野)
居村
()
金田
()
17
山口
(ニコロバ)
柳田
()
吉田
(宇賀神)
宮下
(泉)
古賀
()
大野
()
佐々木
(大升)
川島
()
鳥越 リベロ 丸山(亜)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 
 第1セットはシーガルズの良さが発揮され相手の力を減退させるくらいのまとまりがあった。
 第2セット、ラリーの中でためらったプレーが2、3本出たことで、NECを生き返らせてしまった。
 シーガルズ本来のスタイルが出せそうだっただけに惜しい2セットの攻防であった。
 明日はレギュラーラウンド年内最後の試合となるので気持ちを込めてファンの皆様のご声援にこたえたい。
 本日はあたたかいご声援、誠にありがとうございました。

要約レポート

 
 今シーズン初めてのホームゲームを勝利で飾りたいNECレッドロケッツと連敗を脱し勢いに乗りたい岡山シーガルズの一戦、序盤から岡山は泉、金田、山口、佐々木と多彩な攻撃で主導権を握り、NECを寄せ付けず第1セットを取る。
 第2セットは互いに一歩も譲らない白熱したラリーが続く。中盤、柳田や島村、近江のスパイク、ブロックにより確実に得点を重ね、流れを取り戻したNEC、最後は古賀のスパイクが決まり2セット目を取った。
 第3セット、第2セットの流れそのままに得点を重ねたNECがセットを連取した。
 迎えた第4セット、後がなくなった岡山は吉田、大升のスパイクにより得点を重ね粘りを見せるも、近江、柳田、島村の攻撃が効果的に決まり、リベロ鳥越の堅守が光り、最後は島村のスパイクが決まり2セット目からの流れを失うことなく、NECがホームゲームを勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 粕谷 昌克