V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
336
[開催日]
2016/11/27
[会場]
岡山県総合グラウンド体育館(ジップアリーナ岡山)
[観客数]
2,550
[開始時間]
13:05
[終了時間]
15:03
[試合時間]
1:58
[主審]
西中野 健
[副審]
小野 将人

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 12
通算: 4勝5敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
16 1

ポイント
0
24 第2セット
【0:29】
26
25 第3セット
【0:30】
21
25 第4セット
【0:25】
18
第5セット
【】

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 18
通算: 6勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

昨日の反省を生かし、出足はスムーズに流れたが、第2セットに焦りがやや出て、失速しかけた。
第3セットに入り、泉、金田選手を中心に、新戦力が元気を注入してくれた。
第4セットは、勢いで力以上の差で逃げ切れたように思う。
こういうゲームを繰り返していくことがシーガルズ本来のスタイルなので、ホームゲーム2試合ともお見せできなかったことは残念である。
課題を年明けのホームゲームでお見せできるよう、次週からもしっかり準備していきたい。
本日は雨の中にもかかわらず、大声援に後押しされました。
本当にありがとうございました。

25 金田
()

()
井上
(芳賀)
渡邊
()
16
山口
()
川島
()
遠井
()
佐藤(美)
()
宮下
()
佐々木
()
内瀬戸
()
ジャクソン
()
丸山(亜) (森田) リベロ 佐藤(あ)
24 山口
()
金田
()
井上
()
渡邊
()
26
宮下
(川畑(愛))

()
内瀬戸
()
佐藤(美)
(下平)
佐々木
(大升)
川島
(大楠)
長内
()
ジャクソン
()
丸山(亜) リベロ 佐藤(あ)
25 佐々木
()

()
井上
(芳賀)
渡邊
()
21
山口
(楢崎)
川島
(居村)
内瀬戸
()
下平
(佐藤(美))
宮下
()
金田
()
長内
(小池)
ジャクソン
()
丸山(亜) (森田) リベロ 佐藤(あ)
25 山口
()
佐々木
()
井上
(芳賀)
長内
(間橋)
18
宮下
()

()
内瀬戸
()
佐藤(美)
()
金田
()
川島
()
渡邊
()
ジャクソン
()
丸山(亜) (森田) リベロ 佐藤(あ)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

本日もたくさんのご声援ありがとうございました。
第1セットはブロックが遅れ、相手の狙い通りのコースに打たれてしまいました。
第2セットから、控え選手の起用で流れを変えて立て直しましたが、守りに入ってしまったと思います。スタートから徹底的に狙われたコースを食い止められなかったことで苦戦したと思います。
来週、切り替えて頑張りたいと思います。

要約レポート

 地元で勝利を収めたい岡山シーガルズと、現在2位につける日立リヴァーレとの一戦は、序盤から好レシーブの連続する、見ごたえのある展開となった。
 第1セット、日立の渡邊、岡山の金田の両エースが序盤から激しい打ち合いを展開した。後半ブロックポイントの出た岡山が25-16で先取した。
 第2セットの序盤は、日立が長内と内瀬戸の強打などでリードする展開となった。対する岡山も泉の緩急織り交ぜた攻撃などで18-17と逆転するが、日立は終盤ジャクソンの速攻が次々に決まり、26-24で粘る岡山を振り切った。
 第3セットも序盤から一進一退の攻防であったが、後半、泉のサーブ、佐々木のブロック、サーブで連続ポイントを奪った岡山が、25-21で取った。
 第4セットは、山口の移動攻撃などで12-11と逆転した岡山が、好調の佐々木の強打で日立をかわし、地元での勝利を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 小坂 宣利