V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
334
[開催日]
2016/11/27
[会場]
八戸市体育館
[観客数]
2,377
[開始時間]
15:15
[終了時間]
16:43
[試合時間]
1:28
[主審]
桑原 健輔
[副審]
村中 伸

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 高杉 洋平
通算ポイント: 10
通算: 3勝6敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:27】
21 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:28】
21
25 第3セット
【0:27】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 3
通算: 1勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は各自が役割をしっかりと整理して、粘り強く戦うことができた。次週に向けてまた分析を行い、修正点を改善できるよう準備したい。
 本日も寒い中、たくさんの応援をいただきありがとうございました。

25 田代
(堀川)
カーリー
(峯村)
吉安
(狩野)
清水(眞)
(村上)
21
木村(沙)
()
野村
()
三橋
()
江畑
()
伊藤
()
迫田
(白井)
ドリス
(宇田)
松浦
()
木村(美) リベロ (新井)
25 田代
(堀川)
カーリー
()
狩野
()
村上
(大保)
21
木村(沙)
()
野村
(峯村)
三橋
()
江畑
()
伊藤
()
迫田
(白井)
ドリス
(宇田)
松浦
(石橋)
木村(美) リベロ (新井)
25 田代
()
カーリー
(中田)
狩野
()
村上
()
22
木村(沙)
()
野村
(峯村)
三橋
(吉安)
江畑
()
伊藤
()
迫田
()
ドリス
(高橋)
松浦
()
木村(美) (中川) リベロ (新井)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日は東レを相手にサーブで攻めてラリーを制するという戦いに持ち込みたかったが、反対に要所要所で相手に崩され3-0とストレート敗れてしまった。
 2レグのスタート、セットをとれないまま敗戦したのは非常に反省すべき点である。しっかりと課題を修正し、次の試合に良い準備をして臨みたい。ともかく上を向いて必ず流れを引き寄せられるよう、日々の努力を続けていきたい。
 非常に寒い中、2日間会場に足を運んで頂き誠にありがとうございました。まだまだ諦めす、全力で戦い続けますので応援よろしくお願いいたします。

要約レポート

 第1セット、東レアローズはカーリーの速攻、サービスエース、木村(沙)のスパイク、迫田のバックアタックで得点を重ねる。PFUブルーキャッツもドリスの速攻、江畑のスパイクで反撃するものの東レが4点リードでセット中盤を折り返す。その後、PFUは江畑のスパイクで点差を詰めるものの東レが迫田のスパイクにより第1セットを奪う。
 第2セット、東レはカーリーと迫田のスパイクで試合を有利に進める。PFUは終盤、江畑や三橋のスパイクで点差を縮める場面もあったが、最後は東レの堀川のスパイクで第2セットも奪う。
 第3セット、中盤まで両チームとも一歩も引かず、一進一退が続く。東レが峯村のサービスエースで20-17と抜け出し、最後は木村(沙)のスパイクで試合を決めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 津嶋 由香