V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
324
[開催日]
2016/11/19
[会場]
島根県立浜山公園体育館(カミアリーナ)
[観客数]
2,230
[開始時間]
15:05
[終了時間]
16:29
[試合時間]
1:24
[主審]
山本 晋五
[副審]
吉岡 奈々

トヨタ車体クインシーズ

監督: 多治見 麻子
コーチ: 印東 玄弥
通算ポイント: 8
通算: 3勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
18 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:27】
22
25 第3セット
【0:29】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 6
通算: 2勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 巧妙なリズムで攻めてくる岡山シーガルズに対して、ゲーム序盤からサーブ戦術が機能した。それにより自チームが良い状態で全員で攻撃を仕掛け続けることができた。要所で相手チームの強固なディフェンスに流れを崩されそうになるが、榊原、村永を中心に安定したサーブレシーブでリズムを作り直してくれた。
 今後も、ブロックの完成度を上げ、さらに連携のとれたディフェンスにしていきたい。
 本日も熱いご声援ありがとうございました。

25 荒木
()
ポリーナ
()
佐々木
(大升)
宮下
(宇賀神)
18
小田
()
比金
()
川島
()
山口
(居村)
高橋
(村永)
竹内
()

()
川畑(愛)
(金田)
榊原 リベロ 丸山(亜) (森田)
25 高橋
(村永)
小田
()
山口
(大楠)
金田
()
22
竹内
()
荒木
()

()
宮下
(宇賀神)
比金
()
ポリーナ
()
佐々木
()
川島
(居村)
榊原 リベロ 丸山(亜) (森田)
25 荒木
()
ポリーナ
()
金田
(大升)
宇賀神
()
20
小田
()
比金
()
居村
()
大楠
()
村永
()
竹内
()

(林)
佐々木
()
榊原 リベロ 丸山(亜) (森田)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セット、好リードの良いムードが全体に変な力みになったことが敗因となった。核になる選手がゲームメイクをきちんと読んでいかないと思わぬ展開となる。特に今日の試合はいい教訓となった。気持ちを切り替え、キャプテン山口を中心に精度を上げた試合をしていきたい。
 本日は、多くのご声援ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

要約レポート

 V・プレミアリーグ女子大会第6戦は「神話のふるさと」島根県出雲市を舞台に、トヨタ車体クインシーズと岡山シーガルズの対決となった。
 第1セット、トヨタ車体は序盤岡山・川畑のアタック、泉のサーブでリードされるも、中盤ポリーナのアタックを中心に追いつきセットを先取した。
 第2セット、岡山は佐々木のアタックを中心に第1セットと同じくリードするも、トヨタ車体がポリーナのアタックを皮切りに連続得点すると逆転。その勢いは止まらず、セットを連取した。
 第3セット、序盤からトヨタ車体のポリーナ、村永、小田のポイントで8-3とリード。中盤岡山の居村と佐々木のポイントで追いつくも、トヨタ車体の勢いを止めることができず、この試合で27得点したポリーナのアタックでゲームセット。トヨタ車体が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 藤原 将己