V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
319
[開催日]
2016/11/13
[会場]
船橋アリーナ
[観客数]
3,800
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:52
[試合時間]
1:52
[主審]
種元 桂子
[副審]
浅井 唯由

久光製薬スプリングス

監督: 酒井 新悟
コーチ: 豊暉原 峻
通算ポイント: 12
通算: 4勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:24】
20 1

ポイント
0
21 第2セット
【0:28】
25
25 第3セット
【0:27】
21
25 第4セット
【0:24】
17
第5セット
【】

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 6
通算: 2勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 船橋大会の2日間、会場を埋め尽くすたくさんの方々のご支援、ありがとうございました。
 試合の方は粘り強い相手のディフェンスに対し、中大路を中心にしっかり攻撃を組み立て戦うことができました。
 しかし、試合を通しての課題も多く見られた。長いリーグを戦うために、また、来週の試合に良い形で繋げるために修正していきたい。今後とも熱いご声援よろしくお願いします。

25 トカルスカ
()
新鍋
()
島村
()
近江
()
20
中大路
(野本)
長岡
(古藤)
山口
(柳田)
ニコロバ
(正)
石井
()
岩坂
(森谷)
古賀
()
大野
(廣瀬)
筒井 リベロ 鳥越
21 トカルスカ
()
新鍋
()
島村
(廣瀬)
近江
()
25
中大路
(野本)
長岡
(古藤)
山口
()
ニコロバ
()
石井
()
岩坂
(森谷)
古賀
(岩崎)
大野
(柳田)
筒井 リベロ 鳥越
25 新鍋
()
長岡
(古藤)
島村
(柳田)
近江
()
21
トカルスカ
()
岩坂
(森谷)
山口
(正)
ニコロバ
()
中大路
(野本)
石井
()
古賀
(廣瀬)
大野
()
筒井 リベロ 鳥越
25 新鍋
()
長岡
(古藤)
島村
(家高)
近江
()
17
トカルスカ
(森谷)
岩坂
()
山口
()
ニコロバ
(柳田)
中大路
(野本)
石井
()
古賀
(廣瀬)
大野
(上野)
筒井 リベロ 鳥越

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 スタートからサーブが機能し、良いスタートで試合には入れたが、細かなミスがあり、悔しい結果となった。数字では表れないプレーの精度も上げていきたい。サーブやスパイクに関して成果は見られているので継続していきたい。
 今日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 両チームとも昨日の試合で勝利をおさめ、このまま勢いにのりたい久光製薬スプリングスと勝ち点をとりたいNECレッドロケッツの対戦。
 第1セット、互いに安定したレシーブから、速攻攻撃やコンビバレーでシーソーゲームとなる。セット終盤、新鍋やトカルスカのブロックで流れを掴んだ久光製薬は、セットを先取する。
 第2セット、セット序盤から両チームとも激しい攻防が続く。久光製薬は岩坂の速攻攻撃で得点につなげるも、NECが鳥越を中心とした粘り強いレシーブと古賀、ニコロバのスパイクでセットを奪い返す。
 第3セット、NECは近江、古賀を中心に攻撃をしかけていく。しかし久光製薬は石井、野本のスパイクで勢いにのり、最後はキャプテン・長岡のサービスエースでセットを取る。
 第4セット、巻き返したいNECとこのまま勢いにのりたい久光製薬。セット序盤でミスが続き、苦しい展開のNECは、山口のスパイクや家高のブロード攻撃で後を追うも、石井、新鍋、トカルスカの攻撃が冴えわたる久光製薬が勝利を掴み取った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 古沢 佐知子