V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
315
[開催日]
2016/11/12
[会場]
船橋アリーナ
[観客数]
3,800
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:14
[試合時間]
1:14
[主審]
明井 寿枝
[副審]
渡部 菜保子 

久光製薬スプリングス

監督: 酒井 新悟
コーチ: 豊暉原 峻
通算ポイント: 9
通算: 3勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
15 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:24】
18
25 第3セット
【0:22】
15
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 高杉 洋平
通算ポイント: 3
通算: 1勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日は大変寒い中、会場では最後まで温かいご声援ありがとうございました。
 試合の方はサーブで崩し、相手の攻撃を絞る理想の形を作って戦うことができた。特に高さを活かしたブロックで得点を重ね、流れを呼び込めたことが最大の勝因だと感じている。
 明日も今一度気を引き締めて、NECとの一戦を戦い抜きたい。今後とも応援の程よろしくお願いします。

25 トカルスカ
()
新鍋
()
木村(沙)
()
田代
(堀川)
15
中大路
(野本)
長岡
(古藤)
大野
(林)
伊藤
()
石井
()
岩坂
()
迫田
(白井)
野村
()
筒井 リベロ 木村(美) (中川)
25 新鍋
()
長岡
(古藤)
木村(沙)
()
田代
(白井)
18
トカルスカ
()
岩坂
()

(大野)
伊藤
(峯村)
中大路
(野本)
石井
()
迫田
()
野村
()
筒井 リベロ 木村(美) (中川)
25 トカルスカ
()
新鍋
()
木村(沙)
()
白井
(田代)
15
中大路
(野本)
長岡
(古藤)

()
伊藤
()
石井
()
岩坂
()
迫田
(堀川)
野村
(峯村)
筒井 リベロ 木村(美) (中川)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合は、攻めの気持ちをしっかり出して臨めるよう準備してきましたが、相手の高いブロックの前に攻撃面を機能させることができませんでした。
 明日の試合に向け、今日の課題をチームで話し合い、準備を進めていきたいです。
 本日もたくさんの応援をいただき、ありがとうございました。

要約レポート

 首位返り咲きを狙う久光製薬スプリングスと、1勝2敗と黒星が先行し5位の東レアローズとの対戦。
 第1セット、ブロックが好調な久光製薬は、序盤に東レ・迫田のバックアタックをブロックしたのを皮切りに7本ものブロックポイントを重ね、終始リードを保ってセットを先取した。
 第2セット、久光製薬は長岡や新鍋の強打でリードを広げるも、直後に東レが迫田のサーブで久光製薬のサーブレシーブを崩し、すぐに追いつくなど緊迫した展開となった。しかし、久光製薬は好調な長岡や新鍋らの攻撃がよく決まり、中盤以降東レに連続得点を許さなかった。終盤は途中出場の久光製薬・野本がアタックやブロックに活躍し、東レを一気に引き離してセットを連取した。
 第3セットも、久光製薬に傾いた流れは変わらず、8連続得点するなど東レを圧倒し、久光製薬がストレートで勝利した。
 東レは木村(沙)や迫田の強打に加え、伊藤の移動攻撃などで必死に対抗したが、総合力に勝る久光製薬の壁を崩すことはできなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山内 大右