V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
303
[開催日]
2016/10/30
[会場]
東京体育館
[観客数]
6,000
[開始時間]
13:50
[終了時間]
15:08
[試合時間]
1:18
[主審]
明井 寿枝
[副審]
三見 洋子

トヨタ車体クインシーズ

監督: 多治見 麻子
コーチ: 印東 玄弥
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗
0

ポイント
0
21 第1セット
【0:27】
25 3

ポイント
3
17 第2セット
【0:23】
25
18 第3セット
【0:22】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 3
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 開幕戦ということもあり少し硬さが出た。
 しかし新体制になり新しい取り組みをしてきて、良い部分を発揮することもできた。
 悔しい結果にはなったが、今回出た課題を修正して来週につなげていきたい。
 本日はたくさんの応援ありがとうございました。今シーズンもトヨタ車体クインシーズをよろしくお願いします。

21 高橋
()
竹田
()
シッティラック
()
田中(美)
()
25
細川
()
村永
()
寺井
(位田)
奥村
()
ポリーナ
()
荒木
()
中村
()
田中(瑞)
()
榊原 リベロ 井上
17 竹田
()
村永
()
シッティラック
()
田中(美)
()
25
高橋
(竹内)
荒木
()
寺井
()
奥村
()
細川
(比金)
ポリーナ
()
中村
()
田中(瑞)
()
榊原 リベロ 井上
18 荒木
()
ポリーナ
()
シッティラック
()
田中(美)
()
25
小田
()
比金
()
寺井
(位田)
奥村
()
竹田
(村永)
竹内
()
中村
()
田中(瑞)
()
榊原 リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 開幕戦ということで、非常に緊張感があったものの、しっかりと集中して試合に臨むことができ、ストレートで勝利できた。
 トヨタ車体クインシーズの攻撃に苦しめられる局面も多かったが、守備が機能し粘り強く戦えたことが勝利につながったと思う。
 リーグ戦は始まったばかりで今後厳しい戦いが続くと思うが、チーム一丸となり戦い抜きたい。
 本日大変多くの方々に応援していただきありがとうございました。

要約レポート

 3季ぶりにV・プレミアリーグに返り咲いた吉原知子監督率いるJTマーヴェラスと、今季から多治見麻子監督を迎えたトヨタ車体クインシーズの一戦。
 序盤から試合は終始JTがリードした。セッター・田中(美)が田中(瑞)、中村を使い、チームにリズムを作り点差を広げると、奥村や寺井も加わり、更に攻撃に幅を作り第1セットを先取した。
 第2セット、トヨタ車体もポリーナのブロックや強烈なスパイクで応戦するが、点差を縮めるには至らず、中盤以降シッティラックのスパイクが炸裂し始めたJTはトヨタ車体を17点に抑え、第2セットも連取した。
 あとのないトヨタ車体は第3セットに入ると竹内が思い切りのよいプレーを見せチームの士気を高めるが、JTも中村の勢いのあるスパイクや、奥村のコースを狙った攻撃が次々と決まり、少しずつリードを奪う。細川に代わってセッターに入った比金もポリーナを中心にボールを回すが、JTは全員が攻め、全員が守る体制で最後までリードを許すことなくV・プレミアリーグ開幕戦を3-0で勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 遠藤 春枝