V・プレミアリーグ男子 2015/16 ファイナル

試合会場レポート

[試合番号]
201
[開催日]
2016/03/13
[会場]
東京体育館
[観客数]
6,300
[開始時間]
15:22
[終了時間]
17:45
[試合時間]
2:23
[主審]
村中 伸
[副審]
田中 昭彦

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算: 1勝0敗
3 18 第1セット
【0:27】
25 2
25 第2セット
【0:27】
18
25 第3セット
【0:32】
23
23 第4セット
【0:30】
25
15 第5セット
【0:15】
8

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 古田 博幸
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 就任以来、不可能であろうと思われていたミッションを現実にすることができ、とてもうれしいです。
今日の試合を含め、今シーズンどの試合も勝つのが難しかった中で、優勝することができた。
 このチームは、愛と情熱を持ち皆がやるべき事を理解している。プレーを通じてそれを証明できたと思います。
 シーズンを通し、私たちをサポートしていただき本当にありがとうございました。

18 高松
()
内山
(岡本)
白澤
(関田)
ダンチ
()
25

()
傳田
()
深津
()
清水
()
イゴール
()
白岩
(前田)
渡辺
(専田)
山添
()
古賀(幸) リベロ 永野
25 内山
(岡本)
傳田
()
白澤
(関田)
ダンチ
()
18
高松
()
白岩
(前田)
深津
()
清水
()

()
イゴール
()
渡辺
(専田)
山添
()
古賀(幸) リベロ 永野
25 高松
(井上)
内山
(岡本)
清水
()
山添
()
23

()
傳田
()
ダンチ
()
渡辺
(今村)
イゴール
()
白岩
(前田)
白澤
(関田)
深津
()
古賀(幸) リベロ 永野
23 内山
()
傳田
(岡本)
白澤
(関田)
ダンチ
()
25
高松
(山田)
白岩
()
深津
(池田)
清水
()

()
イゴール
()
今村
()
山添
()
古賀(幸) リベロ 永野
15 内山
()
傳田
()
白澤
(関田)
ダンチ
()
8
山田
()
白岩
()
深津
()
清水
(池田)

()
イゴール
()
今村
(専田)
山添
()
古賀(幸) リベロ 永野

監督コメント

 決勝まで残れた事、選手一人一人がよく頑張ってくれた事に感謝したい。最後に勝って終わる事ができなかった事、
反省する所は反省し、また悔しさを次の力に変えてくれると思う。
 長期リーグを支えて下さった方々に感謝したいと思います。 ファンの皆様ご声援ありがとうございました。もっともっと強くなります。

要約レポート

 初優勝を目指す豊田合成トレフェルサと、レギュラーラウンド4位から勝ち上がり2シーズンぶりの優勝を目指すパナソニックパンサーズの決勝戦。
 第1セット、両者決勝戦への硬さが目立ち一進一退が続く。その均衡を破ったのはパナソニックの清水だ。清水はスタートから味方の弾いたボールをフェンスを飛び越えて追い仲間を鼓舞し、スパイク、サーブと得点をあげる。それにチームメンバーが応え、緊張が解け、ダンチのスパイク、白澤のブロック、山添の連続サービスエースでセットを先取する。
 第2セット、豊田合成はキャプテンの古賀と白岩がレシーブで攻撃の突破口を作ると、イゴール、高松がスパイクを決めリードする。パナソニックはダンチのサービスエースや清水のスパイクで好機をつかむが、豊田合成がすぐに取り返しリードを保ちセットを取り返す。
 第3セット、豊田合成はイゴール、白岩のサービスエースでリードすると、そのままの点差で終盤を迎える。パナソニックは清水のサーブで崩し、ダンチがブロックで同点に追いつくと、替って入った関田のサーブから清水、ダンチがスパイクで得点し逆転する。しかし、豊田合成は高松のサーブから全員でスパイクレシーブを拾う体制でつなぎ、イゴールのスパイクで再逆転を果たしセットを連取する。
 第4セット、後がないパナソニックは白澤、深津のサーブから流れをつかみ、清水と途中出場の今村がスパイク、ブロックで得点をあげリードする。豊田合成は山田を投入する。山田は起用に応え、スパイク、サーブとチームを支える。内山、近がサーブで崩し、近、傳田のブロックで逆転する。しかし、パナソニックは関田がサーブで崩し、再逆転を果たすと清水のスパイク、山添のブロックでフルセットへ持ち込む。
 第5セット、豊田合成は傳田、白岩のブロックでスタートし波に乗りリードする。パナソニックは山添、今村が応戦し差をつめようとするが、豊田合成は連携したブロックで山田、近、イゴールと得点し、最後はイゴールのサーブで相手を崩し、初の栄冠をつかんだ。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 佳江