チャレンジマッチ男子2015/16 チャレンジマッチ

試合会場レポート

[試合番号]
903
[開催日]
2016/03/05
[会場]
船橋アリーナ
[観客数]
400
[開始時間]
15:05
[終了時間]
16:26
[試合時間]
1:21
[主審]
原 啓之
[副審]
桑原 健輔

東京ヴェルディ

監督: 山中 禎一郎
コーチ: 瀧澤 利一
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗
0

ポイント
0
23 第1セット
【0:27】
25 3

ポイント
3
16 第2セット
【0:23】
25
20 第3セット
【0:25】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮沢 武吉
通算ポイント: 3
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セット、リズムよくスタートできたが、相手のサーブポイントから追いつかれ振り切ることができなかった。
 明日は自分たちでプレッシャーを振り払って、ヴェルディの意地を見せる戦いをしたい。
 本日も多くの応援をいただき、ありがとうございました。

23 進藤
(平良)
中村
()
栗木
()
多田
()
25
榎本
()
田尻
()
酒井
(村松)
市川
()
三浦
()
大下
(荒川)
小林(哲)
()
小池
(池田)
浅岡 (宮田) リベロ 峰尾
16 平良
()
中村
()
酒井
(藤沢)
栗木
()
25
榎本
(與崎)
田尻
(奥田)
小林(哲)
()
多田
()
三浦
(飯塚)
大下
()
池田
()
市川
()
浅岡 (宮田) リベロ 峰尾
20 大下
()
飯塚
()
栗木
()
多田
()
25
奥田
()
與崎
(榎本)
酒井
(杉山(奨))
市川
(中谷)
中村
(早瀬)
平良
(荒川)
小林(哲)
()
池田
()
浅岡 (宮田) リベロ 峰尾

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 このステージで戦うことをずっと想い、練習を積んできました。夢のようなステージで選手は本当にがんばってくれました。エース峯村がいなく非常に心配だったが、代わりに入った小池、池田がふんばってくれた。チーム全員で1点を取りに行った、そんなゲームでした。
 また明日も試合があります。勝った次の日が大事だと思いますので、もう1回全員で戦えるよう準備します。
 本日は遠いところまで足を運んで大きな声援を送ってくださった皆様、ありがとうございました。

要約レポート

 何としても残留を決めたい東京ヴェルディに対し、VチャレンジリーグⅠへの昇格を決めたいVC長野トライデンツの対戦。
 第1セット、序盤から両エースの積極的な攻撃で幕を開けた。東京ヴェルディ榎本のジャンプサーブで連続得点し、流れに乗る東京ヴェルディに対し、VC長野はエース小林にボールを集め、スパイクで得点を重ねていく。また、セッター多田のコースを押さえるブロックで巧みにチャンスボールを作り、小林のスパイクでセットを先取した。
 第2セット、終始リードするVC長野に対し、流れを変えたい東京ヴェルディはベテラン奥田を投入する。しかし、VC長野の多田のサーブが走り7連続得点を決める。東京ヴェルディも平良のスパイクで点を重ねるが、最後は、栗木のスパイクでVC長野がセットをものにした。
 もう後がない東京ヴェルディ。第3セットは何としても取りたいところ。第2セットから投入した奥田が多彩なトスで攻撃を積極的に仕掛けていく東京ヴェルディ。対するVC長野も栗木、小林の両エースで得点を重ねる。東京ヴェルディもブロックでスパイクに対応するも、長野・小林が渾身のスパイクで勝利を呼び寄せた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 小田川 倫之