V・プレミアリーグ男子 2015/16 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
195
[開催日]
2016/02/27
[会場]
大阪市中央体育館
[観客数]
2,200
[開始時間]
11:00
[終了時間]
12:27
[試合時間]
1:27
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
浅井 唯由

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 7
通算: 1勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
20 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:28】
22
25 第3セット
【0:28】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 印東 玄弥
コーチ: 上杉 徹
通算ポイント: 2
通算: 0勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ファイナル6に入ってからの3試合、1セット目のリズムが悪く取れていなかったが、今日の試合は最初から粘りあるプレーで戦えたのがよかった。
 ただ、試合内容は決して良くはないので、今できることをしっかり行い、明日のファイナル6の最終戦はチーム一丸となって戦う。

 本日もたくさんのご声援、ありがとうございました。

25 高橋(慎)
(角田)
金丸
()
佐川
()
出耒田
(内藤)
20
浅野
()
カジースキ
()
千々木
()
石島
()
辰巳
()
古田
()
松本
()
ペピチ
()
本間 リベロ 井上
25 高橋(慎)
(角田)
金丸
(高橋(和))
松本
(内藤)
千々木
()
22
浅野
()
カジースキ
()
ペピチ
()
佐川
()
辰巳
()
古田
()
石島
()
出耒田
(伊藤)
本間 リベロ 井上
25 高橋(慎)
()
金丸
(高橋(和))
千々木
()
佐川
(今村(駿))
22
浅野
()
カジースキ
()
松本
(内藤)
出耒田
()
辰巳
()
古田
()
ペピチ
()
石島
(高野)
本間 リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 相手は分析した通りに攻めてきた。
 こちらのすべきプレーも理解していながら、対応がしきれない歯がゆさを残す結果となった。
 相手が様々な手を使って揺さぶってくるのを、チームプレーで受けとめてはね返す姿を大阪のファンの皆様、ブレイザーズサポーターの皆様にお見せしたい。
 明日は、ファイナル6最終戦をプライドを持って戦い抜く。
 
 本日は応援ありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル6では、いまだ勝ち星のないジェイテクトSTINGSと堺ブレイザーズの対戦は、セッター高橋(慎)を中心とするコンビバレーを展開したジェイテクトが、堺に快勝した。

 試合は序盤から一進一退の攻防となるが、ジェイテクトは古田がサイドからの速い攻撃とカジースキの強烈なアタックが決まりリズムに乗る。怪我から復帰した浅野の鋭いアタックも効果的に決まり、相手に付け入る隙を与えず得点を重ねていく。
 

一方、堺は千々木の時間差攻撃やペピチのバックアタックで相手の守備を崩そうとするが、試合を通しての、勝負どころでのミスが響き、流れを引き寄せることができなかった。
 

ジェイテクトはこの勝利でファイナル3進出への望みを繋いだ。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 小出 一平