V・プレミアリーグ男子 2015/16 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
187
[開催日]
2016/02/13
[会場]
広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)
[観客数]
1,670
[開始時間]
15:50
[終了時間]
17:06
[試合時間]
1:16
[主審]
石井 洋壮
[副審]
國頭 亮太

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 古田 博幸
通算ポイント: 5
通算: 1勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
16 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:22】
14
25 第3セット
【0:26】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 印東 玄弥
コーチ: 上杉 徹
通算ポイント: 1
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ファイナル6初戦、硬さが見られるかと思ったが、選手一人一人の気持ちが前面に出て良い流れをつかむ事ができた。
 これからも厳しい戦いになると思うが、一戦一戦全員で、全力で戦っていきたい。
 本日はたくさんのご声援、ありがとうございました。

25 清水
()
山添
()
松本
()
千々木
()
16
ダンチ
()
渡辺
()
ペピチ
()
佐川
()
白澤
(関田)
深津
(池田)
石島
()
出耒田
()
永野 リベロ 井上
25 白澤
()
ダンチ
()
佐川
()
出耒田
()
14
深津
()
清水
()
千々木
(伊藤)
石島
(内藤)
渡辺
()
山添
()
松本
()
ペピチ
()
永野 リベロ 井上
25 ダンチ
()
清水
()
ペピチ
()
松本
()
18
白澤
(関田)
山添
()
内藤
()
千々木
()
深津
(池田)
渡辺
()
出耒田
()
佐川
(今村(駿))
永野 リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ファイナル6初戦、大事な試合だと理解していながら、いいパフォーマンスを発揮できなかった事を残念に思う。
 パナソニックのサーブ、攻撃が素晴らしく、終始受け身となり、大胆に攻めきれなかった。
 ここからもう一度チームを立て直して次の試合に挑みたい。
 今週は一試合のみながら遠方から来ていただき、ありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル3進出へ向けて両チームとも負けられない、V・レギュラーラウンド4位のパナソニックパンサーズと5位の堺ブレイザーズの対戦。
 第1セット、パナソニックはダンチが強烈なバックアタックを決め、さらに清水、渡辺のアタックで大きくリードを広げた。堺はペピチ、千々木のアタックで応戦したが勢いを止めることができず、パナソニックが先取した。
 第2セットもパナソニックのペースで進んだ。セッター深津の速さのあるトスに、ダンチ、山添のアタックで得点を重ねてリードを広げていく。堺は出耒田、千々木、ペピチの強烈なアタックで粘りを見せたが要所で決めきれず、パナソニックがそのままセットを連取した。
 第3セットもパナソニックが勢いそのままにダンチ、清水の強烈なアタックで確実にリードしていく。堺もペピチのアタックやリベロ井上の好レシーブで流れを引き戻そうと粘りを見せたが、パナソニックが深津のツーアタックや清水のアタックで勢いを取り戻し、最後は山添が決めて、ファイナル6初戦を勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 藤井 勇紀