V・プレミアリーグ男子 2015/16 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
185
[開催日]
2016/02/13
[会場]
広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)
[観客数]
1,520
[開始時間]
11:00
[終了時間]
12:28
[試合時間]
1:28
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
山本 晋五

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 8
通算: 1勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:27】
21 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
18
26 第3セット
【0:30】
24
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 3
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 この試合に向け、しっかりと研究し、入念に準備してきた。試合中も私たちの戦略を選手たちが実行に移してくれた。チームとしてキレのあるプレーが出せ、攻撃面も十分に良さが発揮できた。ジェイテクトのような強いサーブを持ったチームに対して、安定したサーブレシーブをキープできたのも良かった。我々の武器をうまくコントロールできた良い試合だった。
 本日も暖かいご声援ありがとうございました。

25 傳田
()
白岩
(井上)
辰巳
()
高橋(和)
()
21
内山
(重村)
イゴール
()
古田
()
高橋(慎)
(角田)
高松
()

()
カジースキ
()
金丸
()
古賀(幸) リベロ 本間
25 傳田
()
白岩
()
辰巳
()
高橋(和)
()
18
内山
()
イゴール
()
古田
(若山)
高橋(慎)
()
高松
(岡本)

()
カジースキ
()
金丸
()
古賀(幸) リベロ 本間
26 傳田
()
白岩
()
辰巳
(廣瀬)
高橋(和)
()
24
内山
(重村)
イゴール
()
若山
()
高橋(慎)
()
高松
()

()
カジースキ
()
金丸
()
古賀(幸) リベロ 本間

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 V・ファイナル6に向けてしっかり準備してきたが、豊田合成の攻守に渡る素晴らしいプレーにリズムをつかみきれなかったのが敗因だと思う。
 第1セット、お互い緊張感のあるプレーでいい試合内容だったが、相手の粘りあるプレーにポイントが取れなくなると、自分たちでミスを出してしまい、リズムを相手に与えてしまった。その悪いリズムを最後まで引きずってしまったと思う。
 明日はジェイテクトのバレーで最後まで戦います。本日はたくさんの声援ありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル6はV・レギュラーラウンド1位の豊田合成トレフェルサと3位のジェイテクトSTINGSの戦いで幕を開けた。
 第1セット、序盤にジェイテクトはカジースキ、金丸の連続ブロック、カジースキのサービスエースで突き放した。それに対して豊田合成は近、白岩の3連続ブロックで追いつくと、ここからは両者譲らぬ展開となった。ここからV・レギュラーラウンド得点王を獲得した豊田合成のイゴールがアタックを決めて流れをつかみ、そのままセットを先取した。
 第2セット、序盤は一進一退の攻防だったが、豊田合成のイゴールがアタックで大活躍を見せて流れに乗ると、高松のアタック、近のブロックで一気に突き放し、最後もイゴールがバックアタックを決めて、豊田合成がセットを連取した。
 第3セット、序盤から豊田合成がリベロ古賀の粘り強いレシーブから、イゴール、高松のアタックで得点を重ね、近のブロックで5点差をつけて2回目のテクニカルタイムアウトを迎えた。ここからジェイテクトが意地を見せる。リベロ本間の好レシーブから若山のスパイクで流れをつかみ、廣瀬のブロックで18-18に追いついた。ここから両チームとも一歩も譲らずデュースにまでもつれ込んだ。しかし、ここでも豊田合成が傳田のサービスエースで勢いをつけ、イゴールがバックアタックを決めて、粘るジェイテクトを振り切り、ストレートで勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 佐久間 勇治