V・プレミアリーグ女子 2015/16 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
396
[開催日]
2016/02/27
[会場]
小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)
[観客数]
3,115
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:22
[試合時間]
1:22
[主審]
明井 寿枝
[副審]
戸川 太輔

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 11
通算: 2勝2敗
0

ポイント
0
21 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
3
19 第2セット
【0:25】
25
22 第3セット
【0:26】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 10
通算: 2勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 自分達のやるべき事としてサーブでの効果は得ることが出来たが、ラリーでの攻撃が機能せず苦しいゲーム展開となってしまった。また、ラリー中の相手スパイクに対してのディフェンスについても、ブロックとレシーブの関係を修正することが出来ずに連続得点されてしまった。
 明日は、ファイナル6の最終戦ということで東レらしい粘り強くボールと心を繋いでいきます。
 本日はご声援ありがとうございました。

21 高田
(堀川)
大野
(野村)
水田
(石橋)
新鍋
()
25
迫田
(峯村)
木村(沙)
()
中大路
()
長岡
()
伊藤
()
田代
()
石井
()
岩坂
()
木村(美) リベロ 座安 (戸江)
19 迫田
()
高田
()
水田
()
新鍋
()
25
伊藤
()
大野
(野村)
中大路
()
長岡
()
田代
(白井)
木村(沙)
()
石井
()
岩坂
()
木村(美) リベロ 座安 (戸江)
22 木村(沙)
()
田代
()
水田
(石橋)
新鍋
()
25
大野
(野村)
伊藤
()
中大路
(野本)
長岡
(栄)
高田
(峯村)
迫田
()
石井
()
岩坂
()
木村(美) リベロ 座安 (戸江)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ファイナル6最終戦を勝利で終えることができたことを素直に喜びたいと思う。
 勝って望みを繋げたい大事な一戦ということで大きなプレッシャーのかかる試合だった。そんな中でも選手たちは一つにまとまり、自分達のバレーボールをしっかりとコート上で表現してくれた。
 本日の勝利を励みにし、チームとしてさらに前進していけるよう日々精進していきたい。
 最後まで熱いご声援ありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル6最終週の久光製薬スプリングスと東レアローズの戦いは、久光製薬がストレートで勝利し、ファイナル3進出に望みを繋いだ。
 第1セット、序盤から久光製薬の長岡のバックアタック2連続とブロック2連続で一気に抜け出した。その後、新鍋もブロックを決め、序盤でブロック3ポイントとチームブロック決定本数1位の実績をみせた。序盤で開いた得点は終盤でも縮まることなくこのセットを終えた。
 第2セットは、両チーム速攻を中心とした攻撃を仕掛けるも、互いに主導権を譲らず15-15まで1点差以上開かない接戦を繰り広げた。その均衡を破ったのは久光製薬の水田の速攻だった。その後、東レはセッターを田代から白井に代えるも流れを変えることができず、このセットを取ることはできなかった。
 第3セットも久光製薬の勢いは止まらなかった。序盤より石井のサーブで相手を崩し、新鍋・岩坂・長岡が緩急織り交ぜた多彩な攻撃を見せ、6連続得点と波に乗り序盤からリードを広げ、最後まで攻めの姿勢を崩さなかった。
 敗れはしたものの、東レの木村(沙)と迫田のスパイクには目を見張るものがあり、決まるたびに歓声が沸きあがっていた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 鷲野 由梨子