V・プレミアリーグ女子 2015/16 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
393
[開催日]
2016/02/20
[会場]
長野市真島総合アリーナ
[観客数]
2,450
[開始時間]
16:10
[終了時間]
18:15
[試合時間]
2:05
[主審]
西中野 健
[副審]
澤 達大

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 10
通算: 2勝1敗
2

ポイント
1
17 第1セット
【0:23】
25 3

ポイント
2
25 第2セット
【0:26】
23
25 第3セット
【0:24】
17
21 第4セット
【0:24】
25
8 第5セット
【0:16】
15

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算ポイント: 7
通算: 3勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日は、沢山のご声援を賜り、心より感謝申し上げます。相手のポリーナ選手をどれだけおさえることが出来るかが、勝敗を分けると思っていましたが、途中、ポリーナ選手をブロックで引っかけ我々のリズムに持ち込むことが出来ました。最後、つめの部分で細かいつなぎだったり、サーブレシーブが乱れてしまったことが敗因かと思います。明日も厳しい試合になることが予想されますが、今日の反省を生かし、しっかりと勝てるように準備したいと思います。本日は寒い中、沢山の応援ありがとうございました。

17 佐藤(美)
()
パオリーニ
()
竹内(あ)
()
ポリーナ
()
25
佐々木
(栗原)
内瀬戸
()
小田
()
藤田
()
井上
(引地)
遠井
()
竹田
()
平松
(志智)
佐藤(あ) リベロ 佐藤
25 井上
()
栗原
()
ポリーナ
()
藤田
()
23
内瀬戸
()
佐藤(美)
()
竹内(あ)
()
平松
()
佐々木
(小池)
パオリーニ
(引地)
小田
()
竹田
(村永)
佐藤(あ) リベロ 佐藤
25 佐藤(美)
()
パオリーニ
()
竹田
(村永)
小田
(熊本)
17
栗原
(橋本)
佐々木
(小池)
平松
()
竹内(あ)
()
井上
()
内瀬戸
()
藤田
()
ポリーナ
(高橋)
佐藤(あ) リベロ 佐藤
21 栗原
(橋本)
佐藤(美)
()
ポリーナ
()
藤田
()
25
井上
()
パオリーニ
(引地)
竹内(あ)
()
平松
(衛藤)
内瀬戸
()
佐々木
(小池)
小田
()
竹田
()
佐藤(あ) リベロ 佐藤
8 井上
()
栗原
(橋本)
竹田
()
小田
()
15
内瀬戸
()
佐藤(美)
()
平松
()
竹内(あ)
()
佐々木
(小池)
パオリーニ
()
藤田
()
ポリーナ
()
佐藤(あ) リベロ 佐藤

監督コメント

 今日は1セット目サーブが機能し、堅実なディフェンスからきっちり攻撃につなげることができ、優位な展開でゲームを進めることができた。
2セット目中盤よりポリーナへの対応が厳しくなり、他の選手もそれを補うことができず、嫌な流れでセットを落としてしまった。
4、5セットはディフェンスからしつこく攻撃を仕掛け、勝機を見い出すことができました。
 ファイナル6も残り2試合。とにかくいい準備をして次週に臨みます。本日も沢山のご声援をありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル6ではともに好調を維持し2連勝中の、トヨタ車体クインシーズと日立リヴァーレの対戦。
 第1セット、序盤より激しいスパイクの応酬となったが、中盤、ポリーナのサービスエースと竹田のスパイクで得点を重ね、トヨタ車体が先取した。
 第2セット、日立はリベロ佐藤(あ)のレシーブと栗原の強打で逃げ切り、続く第3セットも、勢いを止めることなく、中盤で差を広げて連取する。
 両チームのスパイクの応酬から始まった第4セットは、日立のブロックが要所で決まるが、平松の速攻、竹内(あ)のスパイクで堅実に得点したトヨタ車体が勝利する。
 第5セット、トヨタ車体は3-5から藤田のサーブで日立のレシーブを崩し、竹内(あ)のスパイクなどで8連続得点するも、日立も代わった橋本のサービスエースで追い上げるが、最後はポリーナの3連続サービスエースで決着をつけた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山本 丈治