V・プレミアリーグ女子 2015/16 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
390
[開催日]
2016/02/14
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
3,500
[開始時間]
13:07
[終了時間]
15:04
[試合時間]
1:57
[主審]
田野 敏彦
[副審]
江下 毅

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 8
通算: 1勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:26】
19 1

ポイント
0
22 第2セット
【0:30】
25
25 第3セット
【0:27】
19
25 第4セット
【0:25】
16
第5セット
【】

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 6
通算: 2勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 終始サーブでプレッシャーを与え、質の良いレシーブでスパイカーにつなぐバレーが展開でき、東レらしいバレーを最後までつらぬけた。コートの中も声をかけながらアイコンタクトをとり、良い仲間意識を持って戦う事が出来た。次のゲームも勝ち点3を取れるようにチームでしっかり準備していこうと思う。
 本日もご声援ありがとうございました。

25 迫田
()
高田
(堀川)
島村
()
近江
(白垣)
19
伊藤
()
大野
(野村)
山口
()
柳田
(イエリズ)
田代
()
木村(沙)
()
古賀
()
大野
()
木村(美) リベロ 鳥越
22 迫田
()
高田
(白井)
島村
()
近江
(白垣)
25
伊藤
()
大野
(野村)
山口
(イエリズ)
柳田
()
田代
(峯村)
木村(沙)
()
古賀
(岩崎)
大野
()
木村(美) リベロ 鳥越
25 迫田
(下平)
高田
()
近江
(白垣)
柳田
(イエリズ)
19
伊藤
()
大野
()
島村
()
大野
()
田代
()
木村(沙)
()
山口
()
古賀
(岩崎)
木村(美) リベロ 鳥越
25 迫田
(下平)
高田
(堀川)
島村
()
近江
(白垣)
16
伊藤
()
大野
()
山口
()
柳田
()
田代
()
木村(沙)
()
古賀
(岩崎)
大野
()
木村(美) リベロ 鳥越

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ファイナル6第3戦、東レを相手に1-3で敗れてしまった。スタートから相手のサーブに苦しめられ思うようなプレーをさせてもらえなかった。第2セットは攻撃が上手く機能し、なんとかセットを取れたが、最後まで攻め続けられなかったのが敗因であったと思う。ファイナル3、ファイナルへ進出出来るよう、残り2試合戦っていこうと思う。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 レギュラーラウンド1位の東レアローズとファイナル6に入り連勝中のNECレッドロケッツの対戦。
 第1セット、NECは鳥越が、東レは木村(美)、田代がレシーブを拾い攻撃につないでいく。先にNECは大野のサーブでリードするが、すぐに東レは伊藤のサーブで取り返しリードする。東レはリードを迫田、木村(沙)のスパイクでひろげセットを先取する。
 第2セット、東レの木村(沙)のスパイク、迫田のブロックではじまり、前セットの勢いでリードする空気が流れる中、NEC島村がスパイク、サービスエースで一蹴する。その後は近江、古賀がスパイクレシーブを粘り強く拾い、大野のサーブでリードする。東レも田代のサーブ、木村(沙)のレシーブから得点し同点に追いつく。一進一退のまま終盤、NECは山口、古賀のサーブで崩しリードすると、東レ迫田のスパイクでの猛追をしのぎセットを取り返す。
 第3セット、東レは木村(沙)がスパイクレシーブをあげて高田、迫田のスパイクでリードする。追いつかれそうになりながら田代のサーブ、木村(沙)、迫田のスパイクなどでリードをひろげる。NECはイエリズ、白垣を入れ追い上げをはかるが、東レがリードを守りセットを取る。
 第4セット、東レは迫田のスパイク、サーブでリードする。NECは近江、鳥越がレシーブをあげ、島村、古賀がスパイクを決め追いかける。東レは伊藤、田代がサーブで崩し、木村(沙)、木村(美)がレシーブを安定させ、セッター田代がブロッカーに的をしぼらせない配球をみせ、スパイカーが得点し勝利をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 佳江