V・プレミアリーグ女子 2015/16 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
389
[開催日]
2016/02/13
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
3,200
[開始時間]
16:15
[終了時間]
18:35
[試合時間]
2:20
[主審]
明井 寿枝
[副審]
田野 敏彦

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 4
通算: 0勝2敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【0:25】
18 3

ポイント
2
25 第2セット
【0:30】
21
25 第3セット
【0:34】
27
16 第4セット
【0:24】
25
8 第5セット
【0:15】
15

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 6
通算: 2勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第3セットまでは内容的に良かったが、針に糸を通すくらいのトスでないとチャンスを勝ちとれないということが明白となった。貴重な経験を3戦目以降に活かし、より精度の高いコンビが出来るかがカギとなる。春一番が吹く中、来週こそ長野で勝利を呼びこみたい。
 遠方にもかかわらず、大変多くのご声援を頂き、本当にありがとうございました。

25 山口
()
川畑(愛)
()
山口
(白垣)
島村
()
18
宮下
()
浅津
(泉)
古賀
()
近江
()
佐々木
()
川島
()
大野
()
柳田
(奥山)
丸山(亜) リベロ 鳥越
25 川畑(愛)
()
浅津
(泉)
近江
()
柳田
(イエリズ)
21
山口
()
川島
()
島村
()
大野
()
宮下
()
佐々木
(今野)
山口
()
古賀
(岩崎)
丸山(亜) リベロ 鳥越
25 山口
(香野)
川畑(愛)
(今野)
山口
()
島村
()
27
宮下
()

()
古賀
(岩崎)
近江
(白垣)
佐々木
(川畑(夏))
川島
()
大野
(家高)
柳田
()
丸山(亜) リベロ 鳥越
16 川畑(愛)
(浅津)

()
近江
()
柳田
(奥山)
25
山口
(香野)
川島
()
島村
()
大野
()
宮下
(宇賀神)
佐々木
(今野)
山口
(白垣)
古賀
()
丸山(亜) リベロ 鳥越
8 山口
(居村)
佐々木
(今野)
山口
()
島村
()
15
宮下
(浅津)

(宇賀神)
古賀
()
近江
(白垣)
川畑(愛)
()
川島
()
大野
()
柳田
()
丸山(亜) リベロ 鳥越

監督コメント

 ファイナル6第2戦岡山を相手にセットカウント3-2でなんとか勝利出来た。第1、2セット、相手の粘り強いレシーブと早い攻撃に対応出来ず苦しんだが、第3セット以降自チームにも粘りが出始めた。強弱をつけたスパイクで相手のレシーブのリズムを崩し、そこから自分達のリズムで試合が運べ勝ちに繋げる事が出来た。明日の試合も苦しい展開になると思うが、最後までNECのバレーをチーム一丸となり戦いたい。
 本日もホームゲームのような熱いたくさの応援ありがとうございました。明日もまたご声援よろしくお願いします。

要約レポート

 岡山シーガルズとNECレッドロケッツとの対戦。
 第1セット序盤から、岡山は山口・佐々木・川島、NECは近江・島村・大野のアタックで互角の展開。岡山は佐々木のアタックで抜けだすと川島の3連続アタックポイントでリードを広げる。NECも近江のアタックで追撃するが、終盤、岡山、川畑(愛)の3連続アタック、最後は宮下のブロックで先取する。
 第2セット、序盤、NECが島村・古賀のアタックでリードするが、岡山は代わった今野と泉のアタックで6ポイント連取し追い付き、終盤も山口のブロック、アタックでリードする。NECも島村・古賀のアタックで追いすがるが、最後は岡山、山口のアタックでセットを連取する。
 第3セット序盤から両チーム力のこもったアタックの応酬で中盤まで一進一退。終盤、NECが近江のアタックでセットポイントをつかむが、岡山、山口の上手いアタックでデュースとなるが最後はNEC古賀の強烈なアタックでNECがセットをもぎ取る。
 第4セット、勢いを取り戻したNECは序盤から柳田・近江のアタック、ブロックでリードする。中盤以降も、大野・古賀・柳田のアタックで大量リードを奪う。岡山も途中出場の浅津と今野が応戦するが、最後はNEC近江の強烈なアタックでセットを連取する。第5セット、勢いに乗るNECは序盤から柳田・大野のアタック、ブロックでリードする。岡山も川端(愛)のアタックで応戦するが、NECはコートチェンジを挟み島村・大野のアタックで4連続ポイントを取りリードを広げ、柳田のアタックでマッチポイントを掴み、そのまま熱戦に勝利し2連勝を飾る。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 塚本 健二