V・チャレンジリーグⅡ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
840
[開催日]
2016/02/21
[会場]
浜北総合体育館(グリーンアリーナ)
[観客数]
1,200
[開始時間]
14:45
[終了時間]
16:05
[試合時間]
1:20
[主審]
岡田 崇
[副審]
小川 毅

ブレス浜松

監督: 藤原 道生
コーチ:
通算ポイント: 31
通算: 10勝6敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:26】
23 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:23】
17
25 第3セット
【0:25】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督: 北原 勉
コーチ:
通算ポイント: 5
通算: 2勝14敗

( )内は交代選手

監督コメント

 2日間連続で大観衆の方々に見守られながら試合をさせていただき、チーム全員が大変幸せな時間を過ごさせていただきました。
 やはり連続失点の場面が何度かありましたが、大声援のおかげですぐにリカバリーすることができました。
 また、今大会の運営に関わっていただいた大勢の皆様に対し、チーム一同厚く御礼申し上げます。
 優勝を逃した悔しさをバネに、また明日からスタートします。来シーズンはパワーアップして戻ってきます。今シーズン1年間応援いただきまして本当にありがとうございました。

25 柴小屋
()
多田
()
長島
(三澤)
中田
(浅川)
23
菅井
()
山内
()
佐藤(綾)
()
佐藤(円)
()
小野
()
菅原
()
伊藤
()
戸田
()
徳田 リベロ
25 多田
()
山内
()
長島
()
中田
()
17
柴小屋
()
菅原
()
佐藤(綾)
()
佐藤(円)
()
菅井
()
小野
()
伊藤
(浅川)
戸田
()
徳田 リベロ
25 菅井
()
柴小屋
()
長島
()
中田
(三澤)
18
小野
(中村)
多田
()
佐藤(綾)
()
佐藤(円)
()
菅原
(田中)
山内
(高橋)
浅川
()
戸田
()
徳田 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日は何もできず、本当に完敗となってしまいました。しかし、リーグ全体を通して言うと、できたこともたくさんあります。今後はできたところ、できなかったところを明確にし、できなかったところは来シーズンに向けて改善し、できたところはさらに伸ばしていきます。
 2015年に新しくできたチームですが、今シーズンたくさんの方に応援していただきました。本当にありがとうございました。今回できなかったことは必ず来シーズンにつなげ、成長してこの舞台に帰ってきます。応援よろしくお願いいたします。

要約レポート

 今期より新たにスタートしたV・チャレンジリーグII女子最終戦は、地元ブレス浜松がストレートで勝利し、2位を確定した。第2レグ以降勝ち星のないプレステージ・インターナショナルアランマーレだが、第1セットは中田のレフト攻撃、佐藤(綾)のバックアタックなどで得点を重ね、中盤まで19-16とリードする。大声援を背に負けられない浜松は、菅井のサービスエースで21-21と追い付くと、多田のスパイク、柴小屋のブロックで突き放し、逆転で先取する。
 第2セットも菅原、柴小屋の両センターを軸に鮮やかなコンビバレーを展開した浜松が大きくリードを広げ、危なげなく連取する。
 波に乗る浜松は、第3セットも柴小屋の4連続得点などで序盤からリードを奪う。なんとか意地を見せたいプレステージ・インターナショナルは、リベロ森の粘り強いレシーブからエース佐藤(綾)の攻撃に繋げるが点差は縮まらず、最後は浜松・柴小屋のスパイクが決まり、ホームの大声援に応える連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 笠原 瑞恵