V・チャレンジリーグⅡ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
839
[開催日]
2016/02/21
[会場]
浜北総合体育館(グリーンアリーナ)
[観客数]
560
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:55
[試合時間]
1:55
[主審]
熊谷 充浩
[副審]
片井 伴浩

GSSサンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ: 多治見 麻子
通算ポイント: 29
通算: 10勝6敗
3

ポイント
3
21 第1セット
【0:27】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:27】
21
25 第3セット
【0:25】
19
25 第4セット
【0:27】
21
第5セット
【】

【 】内はセット時間

群馬銀行グリーンウイングス

監督: 石原 昭久
コーチ: 齋藤 茉樹
通算ポイント: 23
通算: 7勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 最後まで攻撃の決定力に欠ける厳しいゲームでしたが、相手の攻めを辛抱強くボールを繋いだ結果、何とか最終戦に勝利することができました。
 今シーズンは残念ながらリーグ優勝を果たすことが出来ませんでしたが、この悔しさを糧にして次のシーズンに向けてチームを成長させたいと思います。
 長いリーグ戦中、ずっとチームにご声援を下さった皆様に心から感謝しております。
 ありがとうございました。

21 百瀬
()
山下
(石井)
鈴木
(鬼頭)
小林
()
25
重松
()
秋満
()
寺坂
()
矢萩
()
三浦
(長岡)
鈴木
()
佐藤
()
須崎
(小宮)
平岩 リベロ 谷内
25 山下
(石井)
秋満
(草野)
小林
()
矢萩
()
21
百瀬
()
鈴木
()
鈴木
(鬼頭)
須崎
(小宮)
重松
(縄田)
三浦
(長岡)
寺坂
()
佐藤
(齋藤)
平岩 リベロ 谷内
25 百瀬
()
山下
()
鈴木
()
小林
()
19
重松
()
秋満
()
寺坂
()
矢萩
(松尾)
三浦
()
鈴木
(草野)
佐藤
()
須崎
(小宮)
平岩 リベロ 谷内
25 山下
()
秋満
(草野)
鈴木
()
小林
(土屋)
21
百瀬
()
鈴木
()
寺坂
()
矢萩
(松尾)
重松
(縄田)
三浦
()
佐藤
()
須崎
(小宮)
平岩 (柴田) リベロ 谷内

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1セット目、相手のミスにより先取するも、2セット目以降相手の粘り強いディフェンスに根負けし、ミスを連発してしまったことが、敗戦のポイントであったと思う。
 今日で今季のリーグ戦が終了したが、9人制から6人制へ移行して初のリーグ戦参戦と考えれば決して満足はできないが、悪くない結果であったかと思う。
 来シーズンは今季の戦いを一つの基準とし、チーム力向上を図り、優勝できるよう頑張りたい。11月から始まったVリーグ、たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 現在3位のGSSサンビームズと4位の群馬銀行グリーンウインズの試合は、第1セットGSSが効果的なサーブで得点を重ねリードするも、群馬銀行も佐藤、小林のスパイクで追い上げ逆転、群馬銀行がセットを先取する。
 第2セット序盤GSS鈴木のスパイク、ブロックで先にリードする。群馬銀行も鈴木に代わった鬼頭のサービスエース、佐藤のスパイクで追い上げるが、GSSが百瀬の活躍で逃げ切り1-1のタイに戻す。
 第3セット、GSS山下の活躍でリード、群馬銀行も小林のスパイク、鈴木の連続サービスエースで追い上げるもののGSSが逃げ切り連取した。
 第4セット、序盤から1点を取合う攻防が続く。GSS秋満のスパイクが決まり、そのまま2回目のテクニカルタイムアウトを迎える。群馬銀行もセッターを矢萩から松尾に代え流れを引き寄せ一時は逆転するも、GSSが百瀬のサービスポイントもあり再び逆転しGSSが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 井上 克彦