V・チャレンジリーグⅡ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
838
[開催日]
2016/02/20
[会場]
浜北総合体育館(グリーンアリーナ)
[観客数]
1,111
[開始時間]
15:30
[終了時間]
17:00
[試合時間]
1:30
[主審]
岡田 崇
[副審]
竹上 利幸

ブレス浜松

監督: 藤原 道生
コーチ:
通算ポイント: 28
通算: 9勝6敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:28】
23 0

ポイント
0
27 第2セット
【0:30】
25
25 第3セット
【0:26】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 加藤 信也
コーチ: 金子 健一郎
通算ポイント: 32
通算: 11勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 チームは決してベストの試合運びではありませんでしたが、プレミアリーグの会場かと錯覚するほどの大応援団に勇気をいただき、何とか勝利をおさめることができました。
 本日は遠州地域のみならず、いろいろな所から大勢お集まりいただきました。本当に有難うございました。今日の試合中に見られた消極的なプレーをアグレッシブに変換し、明日もまた観客席の皆様と共に「チーム浜松」として闘います。どうぞよろしくお願いいたします。

25 柴小屋
()
多田
()
佐藤(優)
(竹内)
松尾
()
23
菅井
()
山内
(高橋)
高橋
(廣田)
浅野(美)
()
小野
()
菅原
()
野末
()
権藤
()
徳田 リベロ 大橋
27 菅井
()
柴小屋
()
佐藤(優)
()
松尾
(権藤)
25
小野
()
多田
(中村)
高橋
(廣田)
浅野(美)
()
菅原
()
山内
(高橋)
野末
(竹内)
田口
()
徳田 リベロ 大橋
25 柴小屋
(田中)
多田
()
佐藤(優)
()
松尾
()
22
菅井
()
山内
(高橋)
高橋
()
浅野(美)
()
小野
()
菅原
()
野末
()
田口
(権藤)
徳田 リベロ 大橋

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合は、優勝が決まってからの残り一試合で少し集中力に欠けるところはあったが、チャレンジⅠとの入れ替え戦、全力で頑張ります。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 すでに首位を決め、勝って入替え戦に弾みを付けたいトヨタ自動車ヴァルキューレと、ホームゲームで気合の入ったブレス浜松の戦い。
 第1セット序盤、トヨタ自動車は佐藤(優)、高橋のスパイクと、権藤のサービスエースでリードしたが、浜松・小野のサービスエースと、柴小屋、山内のスパイクで流れに乗り、16-16と追いついた。その後はどちらも譲らず競り合い、浜松が先取する。
 第2セット、浜松は柴小屋の緩急つけた攻撃でトヨタ自動車の守備を崩し、始終リードする。トヨタ自動車はセッター松尾がトスを散らし、必死に食らいつくが、浜松の途中交代で入ったセッター高橋が菅井に打たせ、攻撃のリズムを変化させる。波に乗った浜松は、菅原のスパイクも決まり、セットポイントを迎えた。首位の意地を見せたいトヨタ自動車は最後まであきらめずにデュースに持ち込んだが、浜松が連取した。
 第3セット、浜松・小野のブロックが冴え、トヨタ自動車のスパイクミスを誘い、5ポイントを連取した。後がないトヨタ自動車も必死に追いすがり、野末のスパイクで連続ポイントを重ねるが、ホームゲームで大勢の応援に後押しされた浜松が3-0で快勝した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 増岡 三佳子