V・チャレンジリーグⅡ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
835
[開催日]
2016/02/14
[会場]
酒田市国体記念体育館(小アリーナ)
[観客数]
420
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:00
[試合時間]
2:00
[主審]
桑原 健輔
[副審]
斎藤 隆介

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 加藤 信也
コーチ: 金子 健一郎
通算ポイント: 32
通算: 11勝4敗
3

ポイント
2
26 第1セット
【0:26】
24 2

ポイント
1
18 第2セット
【0:22】
25
21 第3セット
【0:24】
25
25 第4セット
【0:22】
20
15 第5セット
【0:14】
9

【 】内はセット時間

群馬銀行グリーンウイングス

監督: 石原 昭久
コーチ: 齋藤 茉樹
通算ポイント: 20
通算: 6勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 
 今日の試合は、優勝が懸かってる大一番。
 チーム全員が一体感を持って戦うことができ勝利につながった。これから入替戦に向けチャレンジリーグⅡの代表として全力で頑張ります。
 多くの方の応援ありがとうございました。

26 権藤
()
野末
()
佐藤
()
矢萩
()
24
浅野(美)
()
佐藤(仁)
(廣田)
鈴木
(柿沼)
須崎
(鬼頭)
松尾
()
佐藤(優)
()
寺坂
()
小林
()
大橋 リベロ 谷内
18 権藤
()
野末
(竹内)
鈴木
()
佐藤
(齋藤)
25
浅野(美)
()
佐藤(仁)
(廣田)
寺坂
()
矢萩
()
松尾
(田口)
佐藤(優)
()
小林
()
須崎
(鬼頭)
大橋 リベロ 谷内
21 権藤
()
野末
()
佐藤
(齋藤)
矢萩
()
25
浅野(美)
()
高橋
()
鈴木
()
須崎
(鬼頭)
松尾
()
佐藤(優)
()
寺坂
()
小林
()
大橋 リベロ 谷内
25 田口
()
野末
(竹内)
鈴木
(齋藤)
佐藤
(柿沼)
20
浅野(美)
()
高橋
(廣田)
寺坂
()
矢萩
()
松尾
(権藤)
佐藤(優)
()
小林
()
須崎
(鬼頭)
大橋 リベロ 谷内
15 高橋
(廣田)
佐藤(優)
()
柿沼
(佐藤)
矢萩
()
9
野末
(竹内)
松尾
(権藤)
鈴木
(鬼頭)
須崎
(齋藤)
田口
()
浅野(美)
()
寺坂
()
小林
()
大橋 リベロ 谷内

監督コメント

 
 本日の試合、内定選手の活躍により前半からリードを作るも終盤に追いつかれ第1セットを失ってしまった。結果から言えば、この第1セット目がすべてであったと思う。
 この試合の敗戦により、トヨタ自動車の優勝が確定してしまった。この悔しさを忘れず残りの試合、全力で戦っていきたい。
 本日は応援ありがとうございました。

要約レポート

 この試合に勝てば優勝が決まるトヨタ自動車ヴァルキューレ。第1セットは群馬銀行グリーンウイングスに先行されるが佐藤(優)のスパイクで盛り返し先にセットポイントを取られてからの逆転で先取する。
 これで勢いに乗りたいトヨタ自動車だったが、第2セットも群馬銀行にリードされる苦しい展開となる。群馬銀行は佐藤、小林の両エースの活躍で点差を広げる。トヨタ自動車は決定力不足も重なり、佐藤(優)が終盤にスパイクを決めるが及ばず、群馬銀行が第2、第3セットを連取した。
 第4セット、トヨタ自動車は佐藤(優)のスパイクや田口のブロックでセットを取り返す。
 向かえた第5セットは相手のサーブミスやスパイクミスがあり一気に突き放したトヨタ自動車がフルセットの激戦を制し、
見事優勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 結城 秀太