V・チャレンジリーグⅡ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
830
[開催日]
2016/02/06
[会場]
トヨタスポーツセンター第一体育館
[観客数]
620
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:16
[試合時間]
1:16
[主審]
横山 寿一
[副審]
重岡 紀彦

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 加藤 信也
コーチ: 金子 健一郎
通算ポイント: 27
通算: 9勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
12 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:22】
16
25 第3セット
【0:26】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督: 北原 勉
コーチ:
通算ポイント: 4
通算: 2勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合のポイントはサーブとブロックだった。特にブロックは試合を重ねるごとに良くなっている。又、攻撃においても佐藤(優)を中心にリズム良く攻めきれている。残り4試合全員バレーで頑張ります。
 多くの応援ありがとうございました。

25 権藤
()
野末
()
佐藤(千)
(佐藤(円))
戸田
()
12
浅野(美)
()
佐藤(仁)
(後藤)
中田
()
伊藤
(三澤)
松尾
()
佐藤(優)
()
佐藤(梨)
()
佐藤(綾)
()
大橋 リベロ
25 権藤
()
野末
(竹内)
中田
()
佐藤(円)
(佐藤(千))
16
浅野(美)
()
佐藤(仁)
()
佐藤(梨)
()
戸田
()
松尾
(田口)
佐藤(優)
()
佐藤(綾)
()
伊藤
()
大橋 リベロ
25 権藤
()
野末
(竹内)
佐藤(円)
()
戸田
()
22
浅野(美)
()
佐藤(仁)
(高橋)
中田
()
伊藤
(三澤)
松尾
(田口)
佐藤(優)
()
佐藤(梨)
()
佐藤(綾)
()
大橋 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ずっと課題にしていたスタートダッシュがサーブの効果もありよい形となったが、中盤から相手チームの高さに自チームの攻撃が機能せず差が開いていき、第1セット目を落としてしまった。第2セット目に相手エースを全く止めるとこができずそのまま落としてしまった。第3セット目は少しずつではあるが、アランマーレのバレーを展開し相手を追い詰めることができたが、最後にミスがひびき負けてしまった。
 本日も応援ありがとうございました。次回は酒田でのホームゲームとなります。みなさまの応援を力に苦しい状況を乗り越えたいと思います。

要約レポート

 高さで優位に立つトヨタ自動車ヴァルキューレが、ストレートでプレステージ・インターナショナルアランマーレから勝利を収め、首位をキープした。
 トヨタ自動車は、第1セット、4連続得点を二度、6連続得点を一度奪い、危なげなく先取した。ブロックによる4点とサービスエースの2点が効いていた。サーブやブロックの相乗効果からレシーブやつなぎもよく、自分たちのやりたいバレーを繰り広げることができた。
 第2セットもトヨタ自動車が3連続得点を三度、4連続得点を一度奪い、問題なく連取した。トヨタ自動車は11-6までの間に、実に6本のブロックポイントを奪い、ネット際の主導権を完全に手中にした。そのうち3本は佐藤(仁)のブロックポイントだった。
 第3セットは、終盤までリードされていたトヨタ自動車が、19-20からの3連続得点で逆転した。セットの終盤、佐藤(優)の高い打点からの攻撃がチームを救った。プレステージ・インターナショナルも7本のブロックポイント、佐藤(綾)のバックアタックなどで見せ場を作り、リードしたまま20点台に達したが、そこから3本のサーブミスを出してしまった。序盤の3連続アタックミス、終盤のポジショナルフォルト、ダイレクトの攻撃を狙いすぎてアウトにするなど、このセットだけで10本のミスを出してしまったのが痛かった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 冨田 崇