V・チャレンジリーグⅡ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
829
[開催日]
2016/02/06
[会場]
トヨタスポーツセンター第一体育館
[観客数]
674
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:25
[試合時間]
1:25
[主審]
内藤 聡美
[副審]
竹川 美穂

GSSサンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ: 村尾 葉津樹
通算ポイント: 19
通算: 6勝6敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:27】
23 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
21
26 第3セット
【0:27】
24
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

群馬銀行グリーンウイングス

監督: 石原 昭久
コーチ: 齋藤 茉樹
通算ポイント: 19
通算: 6勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 内容は決して褒められる試合でありませんが、大事なゲームをストレートで勝利したことを評価したいと思います。攻撃に緩急をつけ相手ブロックに捕まることが少なかったことと、サーブが走っていたことも勝因かと思います。明日は地元のトヨタチームと試合ですが、チーム一丸となって戦いたいと思います。
 今日も大勢の応援の方々の声援に後押しされました。ありがとうございました。

25 山下
(石井)
秋満
()
佐藤
()
松尾
()
23
百瀬
(草野)
財前
()
鬼頭
()
須崎
(丸山)
重松
()
三浦
()
小林
()
柿沼
()
平岩 リベロ 谷内
25 山下
(石井)
秋満
()
鬼頭
()
佐藤
()
21
百瀬
(草野)
財前
()
小林
()
松尾
()
重松
()
三浦
()
柿沼
()
須崎
(丸山)
平岩 (柴田) リベロ 谷内
26 山下
(石井)
秋満
(草野)
佐藤
()
矢萩
()
24
百瀬
()
財前
()
鬼頭
()
須崎
(丸山)
重松
(鈴木)
三浦
()
小林
()
柿沼
()
(柴田) リベロ 谷内

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日のゲームスタートこそ自分達のペースで試合を進めることが出来たが、中盤以降自分達のミスで相手を助ける結果となってしまった。
 リーグも終盤を迎え、自分達からゲームを壊していく内容はいただけないが、これも実力だと思う。明日以降は最終レグとなっていくので、自分達の良い面を出せるよう最後まで頑張りたい。
 今日も寒い中たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 今季対戦した2戦ともにフルセットの試合で1勝1敗としている群馬銀行グリーンウイングスとGSSサンビームズの一戦。
 第1セット、群馬銀行はサーブでGSSを乱したところを柿沼がレフトから決め7-4とリードするも、GSSもサーブでせめだし2本のサービスエースを決めるなどで徐々に点差を縮める。終盤には群馬銀行須崎が、GSSは百瀬がクイックを決めるなど互いに譲らず点を取り合うが、最後は百瀬のブロードが決まりGSSが先取した。
 第2セット GSSはクイックを有効に使いさらに要所では山下が確実に決めた。GSSは柿沼にトスを集めるも決めきれず群馬銀行はこのセットも落とした。
 第3セット、なんとしても巻き返したい群馬銀行はセッターを松尾から矢萩に代え流れを変えようとするが、出だしにミスが続きリードされる。GSSは相手のミスに助けられながらも、重松の相手ブロックに的を絞らせないトスワークで点を重ねた。中盤は群馬銀行矢萩のサーブが走り4連続得点で19-20まで迫り、さらに3連続得点し22ー22と追いつくが終盤でもミスがあり26-24と敗れた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 中澤 和美