V・チャレンジリーグⅡ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
826
[開催日]
2016/01/30
[会場]
トヨタスポーツセンター第一体育館
[観客数]
600
[開始時間]
15:10
[終了時間]
17:20
[試合時間]
2:10
[主審]
佐伯 昌昭
[副審]
竹川 美穂

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 加藤 信也
コーチ: 金子 健一郎
通算ポイント: 21
通算: 7勝3敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:23】
17 2

ポイント
1
18 第2セット
【0:25】
25
27 第3セット
【0:30】
25
20 第4セット
【0:25】
25
15 第5セット
【0:15】
11

【 】内はセット時間

ブレス浜松

監督: 藤原 道生
コーチ: 山本 牧乃
通算ポイント: 18
通算: 6勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は第1セットからいいリズムで攻撃ができセットを取れた。しかし、第2セット5-2のリード時にクイックをブロックでとめられてから攻めのリズムが崩れ、フルセットにもつれ込んだ。勝利した事はよいが、気の緩みをもう一度引き締めて、残りの試合に臨みます。
 多くの方の応援ありがとうございました。

25 権藤
()
野末
()
山内
()
柴小屋
()
17
浅野(美)
()
高橋
()
多田
()
小野
(田中)
松尾
()
佐藤(優)
()
菅原
()
菅井
()
大橋 リベロ 徳田
18 権藤
(田口)
野末
()
菅原
()
小野
()
25
浅野(美)
()
高橋
(後藤)
山内
(高橋)
菅井
()
松尾
(竹内)
佐藤(優)
()
多田
()
柴小屋
()
大橋 リベロ 徳田
27 権藤
()
野末
(竹内)
山内
(高橋)
菅原
()
25
浅野(美)
()
高橋
(後藤)
多田
()
小野
(中村)
松尾
(田口)
佐藤(優)
()
柴小屋
()
菅井
()
大橋 リベロ 徳田
20 権藤
()
野末
(竹内)
菅原
()
小野
()
25
浅野(美)
()
高橋
(佐藤(仁))
山内
(高橋)
菅井
()
松尾
(田口)
佐藤(優)
()
多田
()
柴小屋
()
大橋 リベロ 徳田
15 権藤
()
野末
()
山内
()
菅原
()
11
浅野(美)
()
佐藤(仁)
(高橋)
多田
()
小野
()
松尾
()
佐藤(優)
()
柴小屋
()
菅井
()
大橋 リベロ 徳田

監督コメント

 選手達は頑張ってプラン通りにゲームを進めてくれましたが、ネット際の攻防で差が出てしまいました。ゲームの中でしか勉強できない部分だと思いますが、出来る限り修正し、またリフレッシュして明日の試合に臨みたいと思います。
 今日のアウェイ戦にもたくさんの方に応援に来て頂きました。どうもありがとうございました。

要約レポート

 今シーズンの対戦成績が1勝1敗のトヨタ自動車ヴァルキューレとブレス浜松の一戦は、ホームゲームで地元の応援を力にトヨタ自動車が粘り勝ちをおさめた。
 第1セット、トヨタ自動車は松尾の巧みなトスワークから得点を重ね、5連続得点で8-5とリードする。中盤では権藤のアタックとブロックそれぞれ2本決めるなど20-12とリードを広げ、そのままの勢いで先取した。
 第2セット、トヨタ自動車が野末のライトからの強烈なアタックから始まり序盤はリードするも、アタックミスもでて浜松に6連続得点を許す。浜松はセッター菅井が前衛に上がった際にもう一枚のセッター高橋を投入して攻撃的な布陣をとった。また速攻を織り交ぜてコンビで効果的に決め、その後もリードを保ちながらセットを取り返した。
 第3セット序盤、浜松は5連続得点もあり19-12とリードするも、トヨタ自動車は野末の活躍もあり徐々に点差を縮め、19-23からの5連続得点で23-23と追いつくと、最後は佐藤(優)の3連続アタックでこのセットを奪い返した。
 このままの勢いで勝利したいトヨタ自動車であったが、第4セットも序盤でリードされてしまう展開となった。佐藤(優)の頑張りで追いつこうとするが、ミスもあり流れがつかめず一度もリードすることなく浜松がセットを取り返した。
 最終セットは一進一退の展開となり両チームとも勝利をつかもうと粘るが、トヨタ自動車は9-8から野末と佐藤(優)のブロック、アタックで得点を重ねて勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 中澤 和美