V・チャレンジリーグⅡ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
819
[開催日]
2016/01/17
[会場]
湖西市アメニティプラザ
[観客数]
148
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:06
[試合時間]
2:06
[主審]
佐藤 拓男
[副審]
笠原 瑞恵

GSSサンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ: 多治見 麻子
通算ポイント: 13
通算: 4勝4敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【0:25】
23 3

ポイント
2
22 第2セット
【0:27】
25
26 第3セット
【0:24】
24
17 第4セット
【0:24】
25
11 第5セット
【0:14】
15

【 】内はセット時間

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 加藤 信也
コーチ: 金子 健一郎
通算ポイント: 16
通算: 5勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 前日の敗戦を反省材料にして今日の試合に臨みましたが、相手チームの攻撃力に終始押される展開となりました。2レグ目が終わり今の成績は決して納得できるものではないので、来週の東京でのホームゲームに向けてもう一度初心に戻ってバレーボールに向き合おうと思います。
 連敗という残念な結果となりましたが、遠方から応援にお越し頂いた皆さまに心より御礼申し上げます。
 ありがとうございます。

25 山下
()
秋満
()
佐藤(優)
()
松尾
()
23
百瀬
()
鈴木
()
佐藤(仁)
(後藤)
浅野(美)
()
重松
()
長岡
(三浦)
野末
()
権藤
()
柴田 リベロ 大橋
22 山下
(石井)
秋満
(草野)
佐藤(優)
()
松尾
(竹内)
25
百瀬
()
鈴木
()
佐藤(仁)
()
浅野(美)
()
重松
(縄田)
三浦
()
野末
()
権藤
()
柴田 リベロ 大橋
26 山下
(石井)
秋満
(草野)
佐藤(優)
()
松尾
(竹内)
24
百瀬
()
鈴木
()
佐藤(仁)
(後藤)
浅野(美)
()
重松
(縄田)
三浦
()
野末
()
権藤
(廣田)
柴田 リベロ 大橋
17 山下
()
秋満
(草野)
佐藤(優)
()
松尾
()
25
百瀬
()
鈴木
(村尾)
佐藤(仁)
()
浅野(美)
()
重松
(縄田)
三浦
()
野末
()
権藤
()
柴田 リベロ 大橋
11 百瀬
(草野)
山下
()
佐藤(優)
()
松尾
()
15
重松
()
秋満
()
佐藤(仁)
(竹内)
浅野(美)
()
三浦
()
鈴木
()
野末
()
権藤
()
柴田 リベロ 大橋

監督コメント

 レセプションからの攻撃の巾があり、各ポジションでのポイントがバランス良くとれた。また、両レフト(佐藤優花と権藤)が安定したポイントを取り、粘り勝ちできた。まだまだ課題は多くあるが、しっかりと詰めをし、頑張ります。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 現在首位のトヨタ自動車ヴァルキューレ対、3位のGSSサンビームズの試合は、セットカウント3-2の白熱した試合となった。
 第1セット中盤まではトヨタ自動車リードで進んでいたが、百瀬のアタックやブロックが決まりリズムを掴んだGSSが、秋満の切れのあるアタックでトヨタ自動車を振り切り先取した。
 第2セットを取り返したトヨタ自動車は、第3セットも連取したいところだったが、出だしからGSSが走り2-10とリードされてしまった。苦しい所で野末がよく見てフェイントを決めてデュースまで持ち込んだが、GSSに逃げ切られてしまった。
 後の無くなったトヨタ自動車は第4セット、佐藤(優)の緩急織り混ぜたプレーなどで、フルセットへ持ち込んだ。
 第5セットも一進一退の攻防が続いた。権藤のブロック・アタックが決まり、浅野の連続サービスエースで抜け出したトヨタ自動車が、粘るGSSを突き放し勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 熊谷 充浩