V・チャレンジリーグⅡ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
813
[開催日]
2016/01/09
[会場]
ぐんま武道館
[観客数]
530
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:16
[試合時間]
2:16
[主審]
関根 良太
[副審]
山本 貴彦

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 加藤 信也
コーチ: 甲斐 啓祐
通算ポイント: 11
通算: 3勝3敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【0:27】
19 3

ポイント
2
14 第2セット
【0:21】
25
28 第3セット
【0:32】
26
23 第4セット
【0:27】
25
13 第5セット
【0:17】
15

【 】内はセット時間

ブレス浜松

監督: 藤原 道生
コーチ:
通算ポイント: 5
通算: 2勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 佐藤(優)・田口の両エースの調子が上がらなかった。全員バレーで拾ったが、一歩及ばなかった。レフトからの攻撃の修正をし、次週から巻き返しを図りたい。
 応援ありがとうございました。

25 高橋
()
佐藤(優)
()
菅井
()
菅原
(田中)
19
野末
()
松尾
()
小野
()
多田
()
田口
()
浅野(美)
()
柴小屋
()
山内
(高橋)
大橋 リベロ 徳田 (中村)
14 高橋
()
佐藤(優)
()
小野
()
菅井
()
25
野末
()
松尾
(竹内)
柴小屋
()
菅原
()
田口
()
浅野(美)
()
山内
()
多田
()
大橋 リベロ 徳田 (中村)
28 高橋
()
佐藤(優)
()
菅井
()
菅原
()
26
野末
(竹内)
松尾
(権藤)
小野
()
多田
(田中)
田口
()
浅野(美)
()
柴小屋
()
山内
(高橋)
大橋 リベロ 徳田 (中村)
23 高橋
()
佐藤(優)
()
小野
()
菅井
()
25
野末
(竹内)
松尾
(権藤)
柴小屋
(田中)
菅原
()
田口
()
浅野(美)
()
山内
(高橋)
多田
()
大橋 リベロ 徳田 (中村)
13 高橋
()
佐藤(優)
()
菅井
()
菅原
()
15
野末
(竹内)
松尾
(権藤)
小野
()
多田
()
田口
()
浅野(美)
()
柴小屋
(田中)
山内
(高橋)
大橋 リベロ 徳田 (中村)

監督コメント

 何度もラッキーな場面に助けられながら、選手たちがよく頑張ってくれました。苦しい場面でも常に冷静でいられたことが大きな勝因だったと思います。
 遠路はるばるお越しいただいた大勢のサポーターの方々の応援が大きな励みになりました。大変ありがとうございました。
 もう一度課題を整理して、明日も頑張ります。

要約レポート

 第1セット、トヨタ自動車ヴァルキューレは序盤から田口、浅野(美)の強打で終始リード。中盤、ブレス浜松は小野のスパイクとサーブで追いつくが、トヨタ自動車・野末のライトからの鋭いスパイクと、田口のサーブポイント等で流れをつかみセットを先取した。
 第2セット、浜松が柴小屋、山内の高さあるブロックで流れを引き寄せ、最後は山内のサーブが走りこのセットを奪った。
 第3セット、浜松が連続でのブロックポイントで主導権を握り大量にリードした。しかし、粘り強いレシーブでじわりじわりとリズムをつくったトヨタ自動車が逆転でセットを奪った。
 第4セット、一進一退の攻防が続く。後がない浜松は、サーブでトヨタ自動車のレシーブを崩し、ブロックで得点を重ねこのセットを奪いフルセットに持ち込んだ。
 第5セット、序盤から互いに譲らぬシーソーゲームとなった。中盤、トヨタ自動車は2枚代えで入った権藤の活躍により9-8とリードするも、浜松は多田のブロックとフェイントで逆転し、最後はトヨタ自動車のレフト田口のスパイクがアウトとなり浜松が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 南 裕子