V・チャレンジリーグⅡ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
812
[開催日]
2015/12/13
[会場]
羽村市スポーツセンター
[観客数]
350
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:20
[試合時間]
1:20
[主審]
中島 俊昌
[副審]
饗庭 和恵

GSSサンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ: 多治見 麻子
通算ポイント: 10
通算: 3勝2敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
20 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
20
25 第3セット
【0:24】
15
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督: 北原 勉
コーチ:
通算ポイント: 4
通算: 2勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日の口惜しい敗戦を晴らしたい選手の気持ちが出た試合でした。
 2レグ目のスタートゲームをストレートで勝ったことで意義のある勝利だったと思います。厳しい戦いを勝ち抜くためにはまだまだチームとして強化しなければならない事が沢山ありますが、オフの間にきちんと準備したいとお思います。
 2日間のホームゲームで沢山のご声援に心より感謝いたします。

25 山下
(石井)
秋満
()
中田
()
佐藤(円)
()
20
百瀬
()
鈴木
()
長島
(宮下)
佐藤(梨)
()
重松
()
長岡
()
佐藤(綾)
()
三澤
()
柴田 リベロ
25 山下
(石井)
秋満
()
佐藤(円)
()
佐藤(梨)
()
20
百瀬
()
鈴木
()
中田
()
三澤
()
重松
()
長岡
(三浦)
長島
(宮下)
佐藤(綾)
()
柴田 リベロ
25 山下
()
秋満
(草野)
中田
()
佐藤(円)
()
15
百瀬
()
鈴木
()
長島
(宮下)
佐藤(梨)
(伊藤)
重松
(菊地)
長岡
()
佐藤(綾)
()
三澤
()
柴田 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 防戦一方な試合展開であり終始GSSサンビームズのバレーの展開をされてしまった。3セットとも強みであるサーブで流れを引き戻そうと試みたが、マイナスに出てしまいミスが先行してしまった。今後もこのサーブミスをおそれず強化していき、自チームの明確な武器にしていきます。
 本日もアウェーの試合にも関わらず多くの方に観戦いただき本当にありがとうございました。

要約レポート

 プレステージ・インターナショナルアランマーレとGSSサンビームズの対戦。GSSはホームゲームであり、昨日の惜敗を晴らしたい。
 第1セット、一進一退からGSSは重松のサーブで攻め、山下のスパイクや秋満のサービスエースでリードするとセットを先取する。
 第2セット、GSSは要所を長岡、山下、百瀬、秋満らのスパイクでリードする。プレステージは佐藤(綾)のスパイクや森の粘りのあるレシーブを攻撃につなげて追いかけるが、GSSは鈴木がサーブで攻めセットを連取する。
 第3セット、GSSは秋満のスパイク、サーブでリードする。プレステージは長島のブロック、佐藤(梨)のスパイクで追いかけるが、GSSは重松のサーブや秋満、長岡のスパイクで終始攻めストレートで快勝した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 佳江