V・チャレンジリーグⅡ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
805
[開催日]
2015/11/21
[会場]
酒田市営国体記念体育館
[観客数]
800
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:58
[試合時間]
1:58
[主審]
赤川 孝義
[副審]
伊藤 岳人

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督: 北原 勉
コーチ:
通算ポイント: 2
通算: 1勝2敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【0:33】
23 3

ポイント
3
22 第2セット
【0:27】
25
16 第3セット
【0:24】
25
18 第4セット
【0:25】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

GSSサンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ:
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ホームゲームということで、いつも以上に気合が入ったスタートとなったが、作戦が先行していまい思うように動けないセットとなり、相手に終始リードされた展開となったが、終盤に自分たちのバレーを思い出して、1セットを取ることができた。
 2セット目からは自分たちのバレーに徹することに集中したが、GSSのバレーを常に展開される試合となり、そのままの勢いで第2、3、4セットとすべてを落とす結果となってしまった。
 お越しいただき誠にありがとうございました。明日は全力で勝ちに行きますので応援をよろしくお願いします。

25 佐藤(綾)
()
長島
(宮下)
長岡
(三浦)
草野
()
23
三澤
()
中田
()
鈴木
()
百瀬
()
佐藤(梨)
()
佐藤(円)
()
秋満
(重松)
山下
()
リベロ 柴田
22 三澤
()
佐藤(綾)
()
長岡
(三浦)
草野
(重松)
25
佐藤(梨)
()
長島
(宮下)
鈴木
()
百瀬
()
佐藤(円)
()
中田
()
秋満
()
山下
()
リベロ 柴田
16 佐藤(綾)
()
長島
(宮下)
三浦
()
重松
()
25
三澤
()
中田
()
鈴木
(村尾)
百瀬
()
佐藤(梨)
()
佐藤(円)
()
秋満
(草野)
山下
()
リベロ 柴田
18 三澤
()
佐藤(綾)
()
三浦
()
重松
()
25
佐藤(梨)
()
長島
(宮下)
鈴木
()
百瀬
()
佐藤(円)
()
中田
()
秋満
(草野)
山下
()
リベロ 柴田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1セット目は最大7点のリードを保てずセットを失ったところは、詰めの甘さが出てしまいました。
 2セット目からメンバーを入れ替えてから自分たちの考えているバレーが機能したと思います。
 今日はゲーム前に開幕戦のつもりでやろうと選手たちに伝えました。それによく答えてくれたと思います。
 明日は浜松に移動しての試合となりますが、今日の良い流れを切らさないよう戦いたいと思います。
 サポートして下さった関係各位に感謝申し上げます。

要約レポート

 ホーム初戦となるプレステージ・インタ-ナショナルアランマーレとGSSサンビームズとの一戦は、それぞれの特徴を遺憾なく発揮した見ごたえのある試合となった。
 第1セット、地元の盛大な声援を受けたプレステージ(PI)が、2番佐藤(綾)、5番中田のレフト・ライトからのアタックと11番リベロの森を中心とする粘り強い好レシーブを随所で発揮して終盤見事に逆転し、セットを取った。
 第2セット、1セット目と同様に相手の攻撃をしのいで粘るプレステージ(PI)に対し、12番百瀬の移動攻撃などで逆点し、GSSが逃げ切り1-1のタイにもちこんだ。
 第3セットも、序盤からのリードを21番山下や9番秋満のスパイクでGSSが逃げ切った。
 第4セット、後のないプレステージ(PI)は、第1セット同様に再三に渡る相手スパイクを好レシーブから切り返し、終盤まで互いにに譲らない展開となった。しかし9番秋満のレフト・ライト両サイドからのスパイク、相手レフト2番佐藤(綾)のスパイクをセンターで連続ブロックするなどし、GSSがセットポイント3-1で接戦をものにした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 阿曽 晃