V・チャレンジリーグⅡ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
804
[開催日]
2015/11/15
[会場]
いずみ総合公園町民体育館
[観客数]
1,270
[開始時間]
15:00
[終了時間]
17:15
[試合時間]
2:15
[主審]
慈眼 雅啓
[副審]
安西 紀明

群馬銀行グリーンウイングス

監督: 石原 昭久
コーチ: 齋藤 茉樹
通算ポイント: 5
通算: 2勝0敗
3

ポイント
2
27 第1セット
【0:29】
25 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:26】
19
24 第3セット
【0:29】
26
17 第4セット
【0:24】
25
15 第5セット
【0:15】
13

【 】内はセット時間

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 加藤 信也
コーチ: 金子 健一郎
通算ポイント: 4
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日のゲーム、立ち上がりから相手の攻撃に対応できず、一方的な展開を作られてしまったが、サーブの効果が徐々に出始め、最後のゴール際で追い抜くことができた。サーブによる効果はその後も続き、終始試合のアドバンテージをとることができた。課題としては昨日同様、3セット目以降の戦い方である。
 開幕2連勝スタートという最高の結果を出せたことは大きいが、まだまだリーグ戦は始まったばかりである。課題を克服しながら、優勝を目指して頑張っていきたい。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

27 須崎
(矢萩)
柿沼
()
浅野(美)
()
権藤
()
25
松尾
()
先崎
(三好)
松尾
(田口)
野末
(竹内)
佐藤
(齋藤)
鬼頭
()
佐藤(優)
()
高橋
(廣田)
谷内 リベロ 大橋
25 須崎
(矢萩)
柿沼
()
浅野(美)
()
権藤
(田口)
19
松尾
()
三好
()
松尾
(下田)
野末
(竹内)
佐藤
()
鬼頭
()
佐藤(優)
()
高橋
(廣田)
谷内 リベロ 大橋
24 須崎
(矢萩)
柿沼
()
浅野(美)
()
田口
()
26
松尾
()
三好
()
松尾
()
野末
()
佐藤
(齋藤)
鬼頭
()
佐藤(優)
()
高橋
()
谷内 リベロ 大橋
17 須崎
(矢萩)
柿沼
(齋藤)
浅野(美)
()
田口
()
25
松尾
()
三好
()
松尾
()
野末
()
佐藤
()
鬼頭
()
佐藤(優)
()
高橋
(廣田)
谷内 リベロ 大橋
15 須崎
(矢萩)
柿沼
()
浅野(美)
()
田口
()
13
松尾
()
三好
()
松尾
()
野末
()
佐藤
(齋藤)
鬼頭
()
佐藤(優)
()
高橋
(廣田)
谷内 リベロ 大橋

監督コメント

 1、2セットは速いサーブで崩され、攻撃のリズムがつかめずセットを落としてしまった。3、4セットからは攻撃のリズムが良くなったが、今一歩先行できなかった。来週からは、サーブレシーブを修正し攻撃力を高めていきたい。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 V・チャレンジリーグⅡ参戦2年目となるトヨタ自動車ヴァルキューレと今シーズン初参戦で開幕2連勝を狙う群馬銀行グリーンウイングスの対戦。
 第1セット、序盤トヨタ自動車・佐藤(優)らのスパイクで群馬銀行を引き離す。対する群馬銀行は、佐藤、鬼頭が反撃し追いつく。デュースにもつれ込んだゲームは群馬銀行のレフト佐藤が決めセットを制する。
 第2セット、中盤までもつれた展開は群馬銀行が引き離す。トヨタ自動車は途中出場の田口で反撃するが、群馬銀行・佐藤、柿沼、三好の活躍によりセットをものにする。
 第3セット、リードされたトヨタ自動車は田口、佐藤(優)のスパイクで逆転に成功する。群馬銀行・矢萩、齋藤のサーブで流れを引き寄せるとデュースへ。最後はトヨタ自動車・田口が決めセットを奪い返した。
 第4セット、トヨタ自動車・田口、佐藤(優)の活躍でリード。一時は6連続得点でゲームを支配しゲームを奪った。
 第5セット、シーソーゲームは群馬銀行の得点でコートチェンジ。群馬銀行・齋藤のサーブとレシーブで流れを引き寄せるとそのままゲームを制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 狩野 賢治