V・チャレンジリーグⅡ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
760
[開催日]
2016/02/27
[会場]
飯田市鼎体育館
[観客数]
600
[開始時間]
15:35
[終了時間]
16:50
[試合時間]
1:15
[主審]
浅見 靖人
[副審]
小森 美明

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮沢 武吉
通算ポイント: 46
通算: 16勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:24】
18 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:22】
13
25 第3セット
【0:23】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

千葉ゼルバ

監督: 岡田 勇司
コーチ:
通算ポイント: 21
通算: 7勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 リーグ最終戦がホームということで優勝に向けては最高の環境で試合ができるので、選手へは思いっきりプレーするように伝えました。選手は全員で1点1点を取りに行き素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。
 明日はいよいよ最後の試合となりますのでチームと会場が一緒になって優勝したいと思います。
 明日も応援宜しくお願いします。

25 峯村
()
小林(哲)
()
大町
()
中野
(渡辺)
18
市川
(杉山(奨))
森崎
()
石田
()
浅野
()
多田
()
栗木
()
藤原
(関根)
荒木
()
峰尾 リベロ 冷水
25 市川
()
峯村
()
浅野
(市川)
荒木
(渡辺)
13
多田
()
小林(哲)
()
藤原
()
中野
()
栗木
()
森崎
()
石田
()
大町
()
峰尾 リベロ 冷水
25 峯村
(小池)
小林(哲)
()
市川
()
中野
(大井手)
18
市川
(杉山(奨))
森崎
(村松)
大町
()
荒木
(渡辺)
多田
()
栗木
()
石田
(関根)
浅野
()
峰尾 リベロ 冷水

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日、勝てば上位進出できるチャンスがあったのですが、相手のサーブにチーム全体がリズムを崩されてしまって自分達のバレーができませんでした。
 明日も頑張りますので、応援よろしくお願いします。

要約レポート

 ホームゲーム2連戦で自力優勝を狙うVC長野トライデンツが千葉ゼルバを迎えうつ一戦。
 第1セット前半、VC長野は自慢の攻撃力を生かして、リードを奪った。千葉も中野、藤原のブロックで応戦するが、VC長野の多彩な攻撃が勝り危なげなくセットを先取した。
 第2セット、開始から両エースが譲らず、白熱した展開が繰り広げられた。中盤からVC長野・小林、栗木のアタックで抜けだし、峯村のアタック、市川のブロックなど、終盤7連続ポイントで千葉を突き放した。
 第3セット、巻き返したい千葉は市川を投入したが、勢いに乗るVC長野は小林・峯村の強烈なアタック、栗木のジャンプサーブで6連続得点を奪った。終盤千葉・渡辺がブロック、アタック、サービスエースで得点を重ねたが、VC長野の勢いを止めることができず、追いつくことができなかった。この勝利でVC長野は再び首位に立った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 栁川 慎一