V・チャレンジリーグⅡ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
749
[開催日]
2016/02/13
[会場]
HOS生駒北スポーツセンター
[観客数]
200
[開始時間]
15:30
[終了時間]
17:24
[試合時間]
1:54
[主審]
柘植知則
[副審]
中西敬雄

奈良NBKドリーマーズ

監督: 鹿谷 明生
コーチ:
通算ポイント: 7
通算: 2勝11敗
1

ポイント
0
28 第1セット
【0:30】
26 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:28】
25
17 第3セット
【0:25】
25
13 第4セット
【0:22】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

近畿クラブスフィーダ

監督: 森 博之
コーチ:
通算ポイント: 24
通算: 8勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

今シーズン2回目の我々のホームゲーム生駒大会3レグのスタートを勝利で飾りたかったが、3度とも近畿クラブスフィーダの壁にはねかえされた。スタートや粘りはあるが、集中力の切れたところを相手に一気に持っていかれてしまった。
そこを改善し、明日のホームゲーム最終戦に臨みたいと思う。
皆様応援ありがとうございました。

28 清水
()
野口
()
濱本
()
梶野
(前田)
26

(山下)
久堀
(小寺)
上出
(山本(慎))
河戸
(山本(映))
松島
(下町)
河田
()
小林(空)
()
本多
()
米村 リベロ 大原
21 清水
()
野口
()
濱本
()
梶野
()
25

()
久堀
(小寺)
上出
(山本(映))
河戸
(山本(慎))
松島
()
河田
()
小林(空)
()
本多
()
米村 リベロ 大原
17 清水
()
野口
()
濱本
()
梶野
(前田)
25

()
久堀
(下町)
上出
()
河戸
(北村)
松島
()
河田
()
小林(空)
()
本多
()
米村 リベロ 大原
13 長田
(小寺)
野口
()
濱本
(石田)
梶野
(前田)
25

()
久堀
(下町)
上出
(田中)
河戸
()
河田
()
清水
()
小林(空)
()
本多
()
米村 リベロ 大原

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

先週に続いてホームゲームのチームとの対戦。前回もフルセットにもつれた相手なので出足を注意したが、1セット目先行されて苦しい展開となった。2セット目以降からは、徐々に本来の型が出るようになり、ブロック、スパイクとも満足のいく内容であった。勝星も先行し、順位も1ランクUPしたので残りの試合に臨みたい。今日も大きな声援ありがとうございました。

要約レポート

 現在2勝10敗通算7ポイントで6位の奈良NBKドリーマーズと7勝7敗通算21ポイントで4位の近畿クラブスフィーダの一戦。
 第1セット、奈良NBKは緩急をつけたサーブで相手のレシーブを崩し、野口を中心とした攻撃を繰り広げ、序盤からリードする。近畿クラブはセット終盤、本多、濱本の鋭いスパイクで得点を重ねデュースに持ち込むが、奈良NBKに振り切られる。
 第2セットからは近畿クラブのセッター梶野が多彩なトス回しで速攻やバックアタックなどの攻撃を繰り広げ、ブロックを翻弄した。一方、奈良NBKは近畿クラブの強烈なサーブに苦しめられ、野口に攻撃を集中させるがブロックに阻まれ、第2、第3セットを落とす。
 第4セットは近畿クラブがそのままの流れで奈良NBKを突き放し、セット中盤は上出の速攻も決まり、自分たちのペースで試合を展開する。最後は近畿クラブ・本多の強烈なレフトからのスパイクでセットを取り、勝利を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 北川 理恵子