V・チャレンジリーグⅡ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
745
[開催日]
2016/02/07
[会場]
ベイコム総合体育館
[観客数]
600
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:49
[試合時間]
1:49
[主審]
髙濵 祐介
[副審]
竹見 聖司

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 33
通算: 11勝2敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:20】
16 1

ポイント
0
29 第2セット
【0:30】
31
25 第3セット
【0:24】
20
25 第4セット
【0:26】
22
第5セット
【】

【 】内はセット時間

千葉ゼルバ

監督: 吉岡 佳典
コーチ: 岡田 勇司
通算ポイント: 14
通算: 5勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 自分達のバレーのリズムを引き寄せれず苦しい展開になってしまった。意識次第でバレーの質が変わってしまうチームの状態を立て直し、長野にリベンジできるように調整したい。
 本日もたくさんの応援、ありがとうございました。

25
(小野)
田畑
(内園)
大町
()
吉岡
()
16
毛利
()
松本
()
中野
()
石田
()
岡本
()
黒木
(尾松)
浅野
()
大井手
()
長濱 リベロ 冷水
29
()
田畑
(内園)
浅野
()
吉岡
()
31
毛利
(山本)
松本
(小野)
中野
()
石田
()
岡本
()
黒木
(尾松)
大町
()
大井手
()
長濱 リベロ 冷水
25
(内園)
田畑
(新谷)
浅野
()
吉岡
()
20
毛利
()
松本
()
中野
()
石田
()
岡本
()
黒木
()
大町
()
大井手
()
長濱 リベロ 冷水
25
(内園)
田畑
()
浅野
()
吉岡
()
22
毛利
()
松本
()
上田
(古家)
中野
(大井手)
岡本
()
平田
(尾松)
石田
()
大町
()
リベロ 冷水

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 少人数の遠征の中、限られたメンバーで上位との対戦になり勝利に向かって試合に臨みました。第1セットは相手のペースから自分達の流れを作れなかったが、第2セットから自分達の流れを作ることができ良い形が作れた。次の対戦も良い形を作り勝利に向けて頑張ります。
 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 現在10勝2敗30ポイントで2位のきんでんトリニティーブリッツと5勝7敗14ポイントで5位の千葉ゼルバの両チームは、共に第3レグ初戦となる試合。
 第1セット、きんでんは安定したサーブレシーブからセッター毛利のトスワークにより多彩な攻撃で千葉に連続ポイントを許さず、松本と田畑のアタックと黒木のブロックで千葉を引き離しセットを先取する。
 第2セット、きんでんの安定したサーブレシーブとブロックは変わらず、前半徐々に千葉に点差をつける。後半千葉は大町のアタックなどで6点差を詰めデュースとする。最後は千葉大町のブロックとアタックでセットを取り1-1とする。
 第3セット序盤、千葉浅野のアタックとブロック、一方きんでんは田畑と黒木のブロックで一進一退の攻防となる。中盤きんでんは塩と田畑の連続ブロックでリードし、黒木の速攻とブロックでこのセットを取る。
 第4セットも第3セット同様の一進一退の攻防戦が終盤まで続く。最後はきんでん岡本と田畑のアタックでセットを取り、4連勝で11勝目を挙げた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 田中 昌弘