V・チャレンジリーグⅡ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
741
[開催日]
2016/01/31
[会場]
JFE体育館
[観客数]
150
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:18
[試合時間]
2:18
[主審]
河井 正男
[副審]
小田川 倫之

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 松枝 寿明
コーチ: 池田 正一
通算ポイント: 5
通算: 1勝11敗
2

ポイント
1
15 第1セット
【0:26】
25 3

ポイント
2
25 第2セット
【0:25】
16
24 第3セット
【0:31】
26
25 第4セット
【0:26】
18
13 第5セット
【0:18】
15

【 】内はセット時間

奈良NBKドリーマーズ

監督: 鹿谷 明生
コーチ:
通算ポイント: 7
通算: 2勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

第3セットの最後、ツメが甘く取りきれなかったのが全てでした。選手達も最後まであきらめる事なく前を向いて戦ってくれたのは良かったと思います。最後のレグは全て勝てる様に頑張ります。沢山の応援ありがとうございました。

15 伊藤
()
西片
()
清水
()
松島
()
25
松本
()
早川
()
久堀
()
下町
(山下)
小関
()
大貫
()
野口
()
長田
(古牧)
大澤 リベロ 米村
25 橋本
(早川)
西片
()
清水
()
松島
()
16
松本
()
伊藤
()
久堀
(山下)
下町
(古牧)
小関
()
大貫
()
野口
()
長田
()
大澤 リベロ 米村
24 橋本
(早川)
西片
()
清水
()
松島
()
26
松本
()
伊藤
()
久堀
(山下)
古牧
()
小関
()
大貫
()
野口
()
長田
(下町)
大澤 リベロ 米村
25 橋本
()
西片
()
清水
()
松島
()
18
松本
()
伊藤
()
久堀
(山下)
古牧
()
小関
()
大貫
()
野口
()
長田
()
大澤 リベロ 米村
13 橋本
()
西片
()
清水
()
松島
()
15
松本
()
伊藤
()
久堀
()
下町
(山下)
小関
()
大貫
()
野口
()
長田
(古牧)
大澤 リベロ 米村

監督コメント

苦しい試合であったが、何とかフルセットで勝てたのはチームとしての団結と個々のプライドの賜物であったと思う。つなぎと粘りで決定力のなさをカバーして残り試合もしっかり戦っていきたい。皆様応援ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

要約レポート

最下位を抜け出したい東京トヨペットグリーンスパークルと、負けると最下位になってしまう奈良NBKドリーマーズとの一戦。どちらも勝ちたいと思う気持ちが前面に出た試合展開になった。第1セットは奈良が終盤抜け出して先取したが、第2セットは東京トヨペットが序盤、松本のスパイクから連続10点をとって、序盤のリードを守りきり第2セットは東京トヨペットが取り返した。第3セットは一進一退の攻防が続く。東京トヨペットは松本と西片の両エース、奈良は野口との打ち合いになり、それをお互いレシーブやブロックでボールが落ちないラリーが続く機会が多くなった。デュースとなった第3セットの最後は野口のサービスエースで奈良が勝ち取った。後がない東京トヨペットは、伊藤のサービスエース、松本のアタックで息を吹き返して最後は西片のバックアタックで第4セットを勝ち取った。最終第5セットはお互いの両エースの打ち合いで好ゲームが展開されるも、最後は東京トヨペット松本のスパイクを奈良・下町のブロックで15-13で気持ちが勝った奈良が勝ち取った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 藤原 信一