V・チャレンジリーグⅡ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
737
[開催日]
2016/01/24
[会場]
日野市市民の森ふれあいホール
[観客数]
410
[開始時間]
13:05
[終了時間]
15:10
[試合時間]
2:05
[主審]
中島 俊昌
[副審]
勝又 禎蔵

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 松枝 寿明
コーチ: 池田 正一
通算ポイント: 4
通算: 1勝10敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【0:25】
23 3

ポイント
2
16 第2セット
【0:21】
25
26 第3セット
【0:28】
28
25 第4セット
【0:24】
19
11 第5セット
【0:15】
15

【 】内はセット時間

千葉ゼルバ

監督: 吉岡 佳典
コーチ: 岡田 勇司
通算ポイント: 14
通算: 5勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 勝てる試合を落としてしまう自分たちの弱さが出てしまった。しかしながらチームとしてのまとまりも良く細かい部分を修正して、次週の試合に臨みたいと思います。
 ホームゲームたくさんの応援ありがとうございました。

25 伊藤
()
西片
()
浅野
()
荒木
(渡辺)
23
松本
()
早川
()
中野
()
石田
()
小関
()
大貫
()
大町
()
市川
()
大澤 リベロ 冷水
16 伊藤
()
西片
()
浅野
()
渡辺
()
25
松本
()
早川
()
中野
(大井手)
石田
()
小関
()
大貫
()
大町
()
篠田
(市川)
大澤 リベロ 冷水
26 伊藤
()
西片
()
浅野
()
渡辺
()
28
松本
()
早川
()
中野
(大井手)
石田
()
小関
()
大貫
()
大町
()
篠田
(市川)
大澤 リベロ 冷水
25 伊藤
()
西片
()
浅野
()
渡辺
()
19
松本
()
早川
()
中野
()
石田
()
小関
()
大貫
()
大町
()
篠田
(市川)
大澤 リベロ 冷水
11 伊藤
()
西片
()
市川
()
渡辺
(浅野)
15
松本
()
早川
()
石田
()
中野
()
小関
()
大貫
()
大町
(荒木)
篠田
()
大澤 リベロ 冷水

監督コメント

 1セット目を取られるという苦しい展開からスタートし、メンバーチェンジ等で流れを変えセットを取り返すも、1試合を通して良い状態をキープできず、フルセットとなってしまった。しかし、今大会初のフルセットを勝ちきる事ができて良かった。来週のホームゲームに向けてもう一度立て直して勝利できるように頑張ります。
 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 ホームゲームで勝利したい東京トヨペットグリーンスパークルと、千葉ゼルバの対戦。
 第1セット、東京トヨペット小関のサービスエース、大貫のブロックでスタートする。その後も追いつかれそうになりながらリードを保つ。中盤、千葉ゼルバは石田のブロック、市川のスパイクで同点に追いつく。しかし、東京トヨペットは西片のスパイクでセットを先取する。
 第2セット、逆に千葉がサーブで攻めリードする。東京トヨペットは小関のサーブ、松本の、西片のスパイクで追いかけるが、千葉はセッターを含め多方向からスパイクを決めセットを取り返す。
 第3セット、一進一退から東京トヨペット伊藤のサーブで相手を崩しリードする。千葉ゼルバは大町のサーブで崩し、石田がスパイクを連続で決め逆転する。その後リードを保っていたが、終盤東京トヨペットの松本を中心とした攻撃と伊藤のサーブでデュースとなる。千葉は追撃をしのぎセットを連取する。
 第4セット、東京トヨペットは伊藤のサーブ、大貫のスパイク、ブロックで得点しリードする。その後も大澤のレシーブ、松本、西片のスパイクで着実に得点を重ね、フルセットに持ち込む。
 第5セット、千葉は渡辺、石田のサーブで相手を崩し、連続得点をあげる。その後も積極的に攻め続けた千葉が試合を制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高澤 佳江