V・チャレンジリーグⅡ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
735
[開催日]
2016/01/23
[会場]
日野市市民の森ふれあいホール
[観客数]
450
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:15
[試合時間]
1:15
[主審]
赤川 孝義
[副審]
平泉 淳

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 松枝 寿明
コーチ: 池田 正一
通算ポイント: 3
通算: 1勝9敗
0

ポイント
0
21 第1セット
【0:23】
25 3

ポイント
3
15 第2セット
【0:21】
25
24 第3セット
【0:25】
26
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

近畿クラブスフィーダ

監督: 光山 秀行
コーチ:
通算ポイント: 15
通算: 5勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セットは良い雰囲気でスタートできたが終盤にミスからチャンスを失ってしまい、そのままの形で第2セットになってしまいました。
 第3セットは気持ちの切り換えもでき、終盤まで進みましたが、最後は決め手が不足してしまいました。
 明日は頑張りますので応援よろしくお願いします。

21 橋本
()
西片
()

()
中田
()
25
松本
()
早川
(伊藤)
清水
(濱本)
繁田
()
小関
()
大貫
()
川口
()
米澤(寛)
(鳥越)
大澤 リベロ 大原
15 橋本
(伊藤)
西片
()

()
中田
(梶野)
25
松本
()
早川
()
清水
(濱本)
繁田
()
小関
()
大貫
()
川口
(鳥越)
米澤(寛)
()
大澤 リベロ 大原
24 伊藤
()
西片
()
濱本
()
梶野
()
26
松本
()
早川
(橋本)
川口
()
河戸
(米澤(寛))
小関
()
大貫
()
鳥越
()
本多
()
大澤 リベロ 大原

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1レグで負けた相手のため、立ち上がりから慎重にプレーしすぎて細かいミスが出た。
 本来のプレーが出ずに戦ったが、それでも勝てたのは大きい。
 今日はスタイルの違う型で戦ったが、終盤戦に向けての課題も見えてきたので、修正してのぞみたい。
 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 ホームゲームで勝利したい東京トヨペットグリーンスパークルと近畿クラブスフィーダの対戦。
 第1セット、東京トヨペットは大澤のサーブレシーブからの攻撃と、橋本のブロックでリードする。しかし、近畿クラブは米澤(寛)を中心とした安定したサーブレシーブから、セッター中田の多彩なトスでブロックを絞らせず、逆に清水、川口の連続ブロックで波にのりセットを先取する。
 第2セット、近畿クラブは勝のサーブで連続得点をあげリードする。東京トヨペットは伊藤を投入し西片とともに事態の打開を試みる。しかし、近畿クラブが選手を次々に入れかえ攻撃リズムを変え、リードを守りセットを連取する。
 第3セット、近畿クラブはメンバーを変えてゲームを作り、大原、本多、鳥越を中心にレシーブをあげて得点につなげリードを保つ。終盤、東京トヨペットは早川のサーブで相手を崩し連続得点や西片のスパイクで追いつきリードするが、近畿クラブがレシーブで粘りストレート勝利をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高澤 佳江