V・チャレンジリーグⅡ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
734
[開催日]
2016/01/23
[会場]
日野市市民の森ふれあいホール
[観客数]
265
[開始時間]
11:00
[終了時間]
12:15
[試合時間]
1:15
[主審]
矢野 祥行
[副審]
虎澤 吉剛

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮沢 武吉
通算ポイント: 28
通算: 10勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:23】
17 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:24】
16
25 第3セット
【0:22】
12
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

奈良NBKドリーマーズ

監督: 鹿谷 明生
コーチ:
通算ポイント: 5
通算: 1勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 先週の、2セット取ってから、逆に取り返されてしまった悪い流れを引きずらないように、出だしを集中させた。
 その中でチームとしても新しいことに取り組みながら勝利できたのは良かった。残りの試合も一つ一つゲームを通してチームが成長できるよう意識してやっていきたいと思います。
 トライデンツサポーターの皆様ご声援ありがとうございました。

25 峯村
()
小林(哲)
(片桐)
清水
()
河田
()
17
市川
()
森崎
()
久堀
(小寺)

(田中)
多田
(村松)
栗木
()
野口
()
長田
()
峰尾 リベロ 米村
25 市川
()
峯村
()
清水
()
河田
()
16
多田
(小池)
小林(哲)
(片桐)
久堀
(渡邊)

()
栗木
()
森崎
()
野口
()
長田
(小寺)
峰尾 リベロ 米村
25 峯村
(村松)
小林(哲)
()
久堀
(田中)
清水
()
12
市川
(藤沢)
森崎
(酒井)
野口
()
河田
()
多田
(中谷)
栗木
()
長田
(小寺)

()
峰尾 リベロ 米村

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 東京は我々NBKの前身の西淀製作所時代に当時の地域リーグに出場したい思いで苦闘した場所。多くの皆様の声援もあったのに、その声援に応えることができずに申し訳なかった。
 ただ、我々はそのことで立ち止まるわけにはいかない。
 必ずこの悔しさを喜びに変えるその日まで闘い続けたい。
 皆様応援ありがとうございました。

要約レポート

 リーグ後半戦に入り全勝中のVC長野トライデンツと、奈良NBKドリーマーズの対戦。
 第1セット、長野は小林(哲)、峯村、栗木のサーブ、スパイクで相手を崩しリードする。奈良は全員がレシーブでつなぎ、野口、河田が攻撃の中心となり追いかけるが、長野が強いサーブで攻め続け、セットを先取する。
 第2セット、長野は引き続きサーブで崩し、ブロックを効果的に使い優位に試合を進めセットを連取する。
 第3セット、序盤は奈良が久堀、野口、長田のサーブで崩し一進一退のゲームとなる。長野は峯村、市川がサーブの時それぞれ4連続と9連続得点をあげると、セッターを含め選手を交代しながら優位にゲームをすすめ快勝した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高澤 佳江