V・チャレンジリーグⅡ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
727
[開催日]
2016/01/11
[会場]
近畿大学記念会館
[観客数]
250
[開始時間]
15:05
[終了時間]
16:30
[試合時間]
1:25
[主審]
橋本 賀津郎
[副審]
佐伯 昌昭

近畿クラブスフィーダ

監督: 光山 秀行
コーチ: 森田 亜貴斗
通算ポイント: 9
通算: 3勝5敗
0

ポイント
0
23 第1セット
【0:28】
25 3

ポイント
3
18 第2セット
【0:24】
25
23 第3セット
【0:27】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 21
通算: 7勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の相手は永遠のライバルで、出足は変な意識でチグハグなプレーが多く、又相手のサーブに苦しめられて持ち味の攻撃につなげることができなかった。中盤以降はリズムも出て来て良い感じにはなったが、相手の粘り強いレシーブで勝機をつかむことができなかった。
 もう一度チームを調整して臨みたいと思う。
 本日の応援、ありがとうございました。

23 本多
(米澤(寛))
鳥越
(中田)
黒木
(尾松)
岡本
()
25
河戸
()
清水
(山本(映))
松本
()
毛利
()
梶野
(勝)
濱本
()
田畑
(内園)

(福田)
大原 リベロ 長濱
18 米澤(寛)
()
鳥越
()
黒木
(尾松)
岡本
()
25
河戸
(山本(映))
清水
(濱本)
松本
(山本)
毛利
()
梶野
()
本多
(北村)
田畑
()

()
大原 リベロ 長濱
23 米澤(寛)
(勝)
鳥越
()
黒木
(尾松)
岡本
()
25
河戸
(山本(映))
清水
()
松本
(山本)
毛利
()
中田
()
本多
(北村)
田畑
(内園)

(平田)
大原 リベロ 長濱

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 我々としてストレートで勝利出来たことは自信につながる。
 1セット目、リードしていたが追いつかれても我慢のバレーをし、3セット目も最初からリードされた展開でも受け身にならず、攻めるバレーをすることが出来た。
 来週のVC長野戦では今日以上のバレーを目指し準備したいと思う。
 本日もたくさんの応援、ありがとうございました。

要約レポート

 前日、2レグ初戦を勝利で飾った近畿クラブスフィーダときんでんトリニティーブリッツの対戦。
 第1セット、きんでんは強烈なサーブで相手レシーブを崩すと、センターからの速攻を中心とした攻撃で一時9点差と大きくリードする。対する近畿クラブは濱本、鳥越のスパイクで怒涛の追い上げをみせ、20ー20の同点とすると、終盤は一進一退の攻防となるが、最後にきんでんの塩と毛利が2連続ブロックを決めこのセットをものにする。
 第2セット、近畿クラブは本多の気迫のこもったスパイクで得点を重ねるが、きんでんがセッター毛利の巧みなトスワークから多彩な攻撃をみせリードを広げると、そのままこのセットも連取した。
 第3セット、序盤にブロックで得点を重ねた近畿クラブがリードするが、きんでんはこのセット途中出場の山本がスパイク、サーブと大活躍し、逆転に成功する。後がない近畿クラブは鳥越の豪快なバックアタックで追いすがる。その後両チームともに好レシーブをみせ白熱した展開となるが、第1セットから勢いを見せたきんでんがこのセットも取り、新年を連勝でスタートさせた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 山尾 未来