V・チャレンジリーグⅡ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
717
[開催日]
2015/12/12
[会場]
桜井市芝運動公園総合体育館
[観客数]
270
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:45
[試合時間]
1:45
[主審]
上土谷 政高
[副審]
宮田 裕記

千葉ゼルバ

監督: 吉岡 佳典
コーチ: 岡田 勇司
通算ポイント: 6
通算: 2勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:28】
23 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:23】
17
18 第3セット
【0:22】
25
25 第4セット
【0:23】
14
第5セット
【】

【 】内はセット時間

奈良NBKドリーマーズ

監督: 鹿谷 明生
コーチ: 丹下 雅行
通算ポイント: 4
通算: 1勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 チームとしてサーブに力を入れてゲームを展開することをチームの約束としてゲームを行っていけたのは良かった。
 久しぶりの勝利を飾ることができ、この勢いのまま、明日も勝利に向けて頑張ります。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

25 浅野
()
関根
()
河田
()
松島
()
23
中野
(上田)
石田
()
久堀
()
下町
(山下)
荒木
()
大町
()
野口
()
清水
()
冷水 リベロ 米村
25 浅野
()
関根
()
河田
()
松島
(古牧)
17
藤原
(大井手)
石田
(上田)
久堀
()
下町
(山下)
荒木
()
大町
()
野口
()
清水
()
冷水 リベロ 米村
18 浅野
()
関根
(吉岡)

()
河田
()
25
藤原
()
石田
()
久堀
(田中)
古牧
(長田)
荒木
()
大井手
(大町)
野口
()
清水
()
冷水 リベロ 米村
25 浅野
()
関根
()

()
河田
()
14
中野
(大井手)
石田
()
久堀
(山下)
古牧
(渡邊)
荒木
()
大町
(藤原)
野口
(松島)
清水
()
冷水 リベロ 米村

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 きんでんのホームゲームではあるものの、我々にとっても地元の奈良での初めての試合であった。
 先週の初勝利に続き、地元での勝利を目指したが、序盤の崩れを修正できず、厳しい展開となった。
 3セット目はこちらに流れを持って来れたが、4セット目もやはりスタートでつまづいた。
 明日は全勝のVC長野にも、とことんくらいついて、年内有終の美を飾りたい。

要約レポート

第2試合は千葉ゼルバ対奈良NBKドリーマーズの一戦。
第1セット序盤、千葉は関根の鋭いサーブで奈良を崩しリードする。中盤、奈良は野口のスパイク等で奮闘するも、千葉のセッター荒木のトスワークが冴え、第1セットは千葉が先取する。第2セット序盤、第1セットを先取した千葉がリベロ冷水を中心に繋ぎのバレーでリードする。奈良も野口のスパイクで点数を取るが、千葉のセンター藤原、石田のスパイクで点数差を広げ、第2セットも千葉が取る。第3セット、奈良が粘りのあるブロックで千葉の攻撃を防ぎ、点数差を広げる。中盤、千葉のセッター荒木の多彩なトスワークで奈良のブロックを翻弄するも、終盤、奈良の野口のスパイク等で連続得点し、第3セットは奈良が取った。第4セット、序盤は両チーム一進一退の攻防を繰り広げるが、中盤以降、千葉の荒木、石田のサーブが効果的に決まり、一気にリードを広げ、最後は大町のスパイクで第4セットを取り、セットカウント3-1で千葉が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 杉中 太郎