V・チャレンジリーグⅡ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
709
[開催日]
2015/11/29
[会場]
神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸)
[観客数]
250
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:43
[試合時間]
1:43
[主審]
高濱 祐介
[副審]
長堂 篤史

近畿クラブスフィーダ

監督: 光山 秀行
コーチ: 森田 亜貴斗
通算ポイント: 6
通算: 2勝1敗
3

ポイント
3
22 第1セット
【0:29】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:23】
21
25 第3セット
【0:22】
16
25 第4セット
【0:20】
11
第5セット
【】

【 】内はセット時間

千葉ゼルバ

監督: 吉岡 佳典
コーチ: 岡田 勇司
通算ポイント: 3
通算: 1勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セット、出足でもたつき心配したが第2セットからは持ち味のブロックも要所で出て、接戦をしのぐ力も出て良かった。特に新人の小林(空)がサーブで得点したことでチームに勢いが出てきた。
 来週に続けていきたい。
 本日も温かい声援をいただき、ありがとうございました。

22 米澤(寛)
()
鳥越
()
大町
()
吉岡
()
25
那須野
()
繁田
(山本(映))
中野
(渡辺)
藤原
(関根)
中田
()
濱本
()
松元
()
浅野
()
大原 リベロ 冷水
25 米澤(寛)
()
鳥越
()
大町
()
吉岡
(渡辺)
21
那須野
(山本(慎))
繁田
(清水)
中野
(関根)
藤原
()
中田
()
小林(空)
()
松元
()
浅野
()
大原 リベロ 冷水
25 米澤(寛)
()
鳥越
()
大町
()
渡辺
()
16
那須野
(山本(映))
清水
(山本(慎))
中野
()
藤原
(関根)
中田
()
小林(空)
()
松元
(大井手)
浅野
()
大原 リベロ 冷水
25 米澤(寛)
(新屋)
鳥越
(山本(慎))
大町
()
渡辺
(吉岡)
11
那須野
()
清水
()
中野
()
藤原
()
中田
(川口)
小林(空)
()
浅野
()
大井手
()
大原 リベロ 冷水

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セットはサーブで相手を崩して勝負所でポイントを取ることができ、セットを取ることができたのですが、第2セット以降は相手のサーブに攻められ、終始相手チームにリードを取られてしまったのが敗因だと思います。
 まだまだ始まったばかりのリーグなので、その中でも守備力を向上させ一試合一試合戦っていきます。

要約レポート

 第1セット、序盤から激しい打ち合いで両チーム譲らず中盤まで一進一退の攻防が続く。終盤、千葉ゼルバは交代した渡辺の力強いサーブで近畿クラブスフィーダをつき離す。近畿も鳥越がバックアタックでチームを盛り上げたが、最後は千葉・浅野のブロックにつかまり、千葉が25-22でセットを取る。
 第2セット、近畿クラブ・小林(空)のサーブが続けて決まりリードする。千葉も冷水の好レシーブで追いすがり中盤まで点の取り合いとなるが終盤、近畿クラブ・鳥越のサービスエースが2本決まり、近畿が25-21で取る。
 第3セット、近畿クラブの勢いは止まらず終始リードしながら試合が進む。千葉も松元の高い打点からのアタックで応戦するも、近畿が25-16で取る。
 第4セット、近畿クラブは小林(空)のアタックやリベロ大原の確実なレシーブで得点を重ね、終盤は控えのメンバーを多く投入し25-11で取る。
 結果、セットカウント3-1、若手主体で戦った近畿クラブが若さとパワーで勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 森岡 伸次