V・チャレンジリーグⅡ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
707
[開催日]
2015/11/28
[会場]
神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸)
[観客数]
300
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:33
[試合時間]
2:33
[主審]
高濱祐介
[副審]
竹見聖司

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 6
通算: 2勝1敗
3

ポイント
2
22 第1セット
【0:27】
25 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:27】
23
25 第3セット
【0:28】
17
22 第4セット
【0:29】
25
21 第5セット
【0:30】
19

【 】内はセット時間

奈良NBKドリーマーズ

監督: 鹿谷 明生
コーチ:
通算ポイント: 1
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 最後までこちらのやりたいバレーが出来なかった。
 相手の粘りでペースを掴めなかったが、フルセットになると勝てないチームであったが勝つことが出来たので、いい意味でとらえ、来週の試合に準備したい。
 本日もたくさんの応援、ありがとうございました。

22
(尾松)
田畑
()
河田
()
松島
()
25
毛利
(小野)
松本
()
久堀
()
下町
(山下)
岡本
()
黒木
()
野口
()
清水
()
長濱 リベロ 米村
25
()
田畑
(内園)
河田
()
松島
()
23
小野
()
松本
()
久堀
(山下)
下町
(渡邊)
岡本
(森田)
黒木
(尾松)
野口
()
清水
()
長濱 リベロ 米村
25
()
田畑
(内園)
河田
(森)
松島
()
17
小野
()
松本
()
久堀
()
下町
()
森田
()
黒木
()
野口
(長田)
清水
()
リベロ 米村
22
(今田)
田畑
(内園)
河田
(森)
松島
()
25
小野
()
松本
()
久堀
()
下町
(山下)
森田
()
黒木
(福田)
野口
()
清水
()
リベロ 米村
21
(尾松)
田畑
(今田)

()
松島
()
19
毛利
()
松本
()
久堀
(渡邊)
下町
(山下)
岡本
(内園)
黒木
()
野口
()
清水
()
長濱 リベロ 米村

監督コメント

 リーグ第2戦、伝統あるきんでんさんとの対戦、粘りに粘りが持ち味の我々らしいゲーム運びができ、勝利まであと2点というところまでいったが、この差が大きな差であると自覚した。
 チャレンジャー精神でこれからも夢舞台で戦える喜びを噛みしめていきたい。
 皆様、ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、序盤から一進一退の攻防が続くが中盤、奈良NBKドリーマーズの松島のトスが冴え、リードする。終盤、きんでんトリニティーブリッツは、リベロ長濱の好レシーブで奈良に追いつく。最後は清水、河田のアタックで連続得点し、奈良が25-22で第1セットを取る。
 第2セット、きんでんはリベロ大賀のサーブレシーブでリズムを掴みポイントを重ね、終始リードを守り、追いすがる奈良を25-23で退ける。
 第3セット、きんでんの勢いは止まらず塩のアタックと田畑、黒木のブロックで得点を重ね、25-17で取る。
 第4セット、奈良は野口、きんでんは松本のアタックが決まり両チーム譲らず1点を争う展開となるが奈良・下町のアタックで得点し抜け出した奈良が25-22で取る。
 第5セット、きんでんは塩のブロック、奈良は清水のアタックで得点する。中盤、野口のサーブやアタックで得点した奈良が抜け出すが、きんでんは岡本のアタックで追いすがりデュースとなった。最後は21-19と熱戦を制したきんでんが2勝目をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 森岡 伸次