V・チャレンジリーグⅡ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
705
[開催日]
2015/11/22
[会場]
JFE体育館
[観客数]
150
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:43
[試合時間]
1:43
[主審]
伊藤 崇裕
[副審]
小田川 倫之

近畿クラブスフィーダ

監督: 森 博之
コーチ: 森田 亜貴斗
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗
1

ポイント
0
21 第1セット
【0:22】
25 3

ポイント
3
25 第2セット
【0:23】
22
21 第3セット
【0:23】
25
24 第4セット
【0:26】
26
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 池田 正一
コーチ:
通算ポイント: 3
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

相手のジャンプサーブに苦しめられ、粘りのあるレシーブとつなぎにこちらが根負けしてミスを出したのが敗因だろう。
まだまだ始まったばかりなので、早く修正して次に臨みたい。
今日も多くのあたたかい声援を頂きありがとうございます。

21 本多
()
小林(空)
()
大貫
()
小関
()
25
河戸
(田中)
川口
(石田)
早川
()
松本
()
梶野
()
北村
()
西片
()
橋本
()
有薗 リベロ 大澤
25 本多
()
小林(空)
()
大貫
()
小関
()
22
河戸
()
川口
()
早川
()
松本
()
梶野
()
北村
()
西片
()
橋本
()
有薗 リベロ 大澤
21 本多
()
小林(空)
()
大貫
()
小関
()
25
河戸
()
川口
()
早川
(伊藤)
松本
()
梶野
()
北村
()
西片
()
橋本
()
有薗 リベロ 大澤
24 本多
()
小林(空)
()
大貫
()
小関
()
26
河戸
()
川口
()
伊藤
()
松本
()
梶野
()
北村
()
西片
()
橋本
()
有薗 リベロ 大澤

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

2015/16シーズンの開幕戦ということで、出だしが固いスタートだったが、自分たちのプレーをすることができ、第1セットを取ることができた。
第2セットは近畿クラブの高いブロックと強いサーブにとても苦労したが、第3セット以降、再び自分たちのプレーをすることで流れを引き寄せることができた。
今日は、選手たち自身が伸び伸びと、楽しくプレーしてくれ、また自分達で流れをつくることができた事が勝因だと思う。
開幕戦を勝利できたことを今後につなげていきたい。

要約レポート

 この試合が今季開幕戦となる東京トヨペットグリーンスパークルと、前日の開幕戦に勝利し連勝を狙う近畿クラブスフィーダとの戦い。
 第1セットは、両チームとも攻撃陣が好調で、終盤まで緊迫した点の取り合いが続いた。中盤以降、東京トヨペットは松本、西片のスパイクで押し気味に試合を進め、セットを先取した。
 第2セットは一転して本多のサービスエースや河戸の連続ブロックなどで近畿クラブが序盤からペースを握り、最後は小林(空)のスパイクでタイに持ち込んだ。
このままの勢いで連取したい近畿クラブであったが、東京トヨペットは途中出場の伊藤の連続ブロックで抜け出して第3セットを取り返した。
第4セット、近畿クラブは6点差を付けられながら小林(空)のサーブで崩し、本多のスパイクなどでデュースに持ち込み粘ったが、最後は伊藤のブロックで東京トヨペットが今季初戦を勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 藤原 信一