V・チャレンジリーグⅠ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
679
[開催日]
2016/02/20
[会場]
猫田記念体育館
[観客数]
400
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:20
[試合時間]
1:20
[主審]
飯田 一明
[副審]
酒井 雄己

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 金子 健太郎
通算ポイント: 50
通算: 17勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
22 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:27】
23
25 第3セット
【0:22】
11
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

フォレストリーヴズ熊本

監督: 中島 裕二
コーチ:
通算ポイント: 13
通算: 4勝16敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1、第2セットは中々自分達のリズムがつかめず、競り合いの展開になってしまったが、第3セット途中交代した石橋の活躍でリズムができ、ストレート勝ち出来たことは結果としては良かった。
 明日はリーグ最終戦となるので、しっかり良い準備をして臨みたい。
 大勢の応援を頂き、誠にありがとうございました。

25 清水(眞)
(槇田)
江畑
()
福田
()
武次
()
22
松浦
()
宇田
(坂下)
山形
(吉岡)
和多
(斉藤)
三橋
()
矢野
(高橋)
川口
(酢田)
矢城
()
(新井) リベロ 佐藤
25 清水(眞)
(神田)
江畑
()
福田
()
武次
()
23
松浦
()
宇田
(川上)
山形
(吉岡)
和多
(斉藤)
三橋
()
矢野
(槇田)
川口
(酢田)
矢城
()
(新井) リベロ 佐藤
25 清水(眞)
(槇田)
江畑
()
福田
()
武次
()
11
石橋
()
宇田
(川上)
山形
()
和多
(吉岡)
三橋
()
矢野
(高橋)
川口
(酢田)
矢城
(福島)
(新井) リベロ 佐藤

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 少しでも気持ちがブレてしまったり、受け止めてしまう所や、精神的なことがそのまま試合に出ている。今、自分たちが何をすべきか、全員がバラバラになっていたり、自分たちにもう一つ足りないものがある。
 明日の試合に向け、精神的な部分でもしっかり反省し、心の準備をし挑みます。
 今日もたくさんの応援、ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、PFUブルーキャッツの効果的なブロックに対し、フォレストリーヴズ熊本は全員で繋ぐバレーを展開して、終盤まで一進一退の攻防が続いた。PFUは松浦のブロック、清水のサービスエースで突き放すと、最後は三橋がスパイクを決めて、PFUがセットを先取した。
 第2セット、序盤にPFUは宇田の2連続サービスエースを含む4連続ポイントをあげて主導権を握る。それに対し熊本はリベロ佐藤を中心に粘り強いレシーブで徐々に点差を詰めて、24-23の1点差まで詰め寄った。しかし最後はPFUの江畑がスパイクを決めてセットを連取した。
 第3セット、序盤にPFUは江畑が効果的なサーブで熊本のサーブレシーブを乱し、三橋のスパイクや石橋のブロックなどで連続14得点を奪い大きくリードした。熊本は福田のブロックやスパイクで追いすがったが点差を詰めることができず、最後はPFUの江畑が連続でスパイクを決め勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山本 哲男