V・チャレンジリーグⅠ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
677
[開催日]
2016/02/20
[会場]
元気フィールド仙台(仙台市新田東総合運動場)
[観客数]
810
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:56
[試合時間]
1:56
[主審]
早坂行博
[副審]
佐藤恵美

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 59
通算: 20勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
19 1

ポイント
0
30 第2セット
【0:31】
28
23 第3セット
【0:29】
25
25 第4セット
【0:25】
21
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JAぎふリオレーナ

監督: 椿本 真恵
コーチ: 皆川 佳介
通算ポイント: 35
通算: 12勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1セット目はディフェンスが機能し優位に試合を進めることができたが、2セット目以降、相手の粘り強いディフェンスに苦しめられ、自分達のペースで試合を進めることができなかった。特にラリー中のプレーの質が悪く、攻撃の精度が低かった。
 明日は課題を修正し、試合を通して自チームらしい戦いができるようにしたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

25 田中(瑞)
()
中村
()
岡部
()

()
19
奥村
()
芥川
()
廣瀬
()
田代
()
田中(美)
()
シッティラック
()
中村(早)
()
佐々原
()
小幡 リベロ 塚本 (樋口)
30 田中(瑞)
()
中村
()
岡部
()

()
28
奥村
()
芥川
()
廣瀬
(中村(愛))
田代
()
田中(美)
()
シッティラック
(金杉)
中村(早)
()
佐々原
()
小幡 リベロ 塚本 (樋口)
23 田中(瑞)
()
中村
(山本)
岡部
()

()
25
奥村
()
芥川
()
廣瀬
(中村(愛))
田代
()
田中(美)
(安藤)
金杉
(高橋)
中村(早)
()
佐々原
()
小幡 リベロ 塚本 (樋口)
25 田中(瑞)
()
中村
()
岡部
()

()
21
奥村
()
芥川
()
廣瀬
()
田代
()
田中(美)
()
金杉
()
中村(早)
()
佐々原
()
小幡 リベロ 塚本 (樋口)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 JTのサーブに崩されサーブレシーブがセッターに返すことができなかったため、チームのリズムが出ないままでした。センター・ライトのコンビバレーができていれば、もう少し良い内容になったと思います。
 明日はこのリーグの最終戦となります。全員で勝ちにこだわり戦いたいと思います。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 すでにV・チャレンジリーグⅠの優勝を決め、連勝を続けるJTマーヴェラスと、なんとかJTに土をつけたいJAぎふリオレーナの一戦。
 第1セット、JTはシッティラックや田中(瑞)のサイド攻撃が次々と決まり、なかなか調子のでないJAぎふに対し一気に流れをつかみ先取する。
 第2セット、徐々に動きの良くなったJAぎふは、リベロ塚本、樋口を中心とした粘り強いレシーブで、JTの攻撃を跳ね返し一進一退の攻防となる。途中、セットポイントをとられたJTではあったが、最後は田中(瑞)がスパイクを決めなんとか第2セットも連取する。
 第3セット、後のなくなったJAぎふは田代の攻撃などで有利に試合を進め、中村の連続サービスエースなどで一気にリードする。しかしJTはセッターを山本に代え反撃に出ると安藤らの攻撃が次々決まり追いつきジュースとなる。なんとかセットを奪いたいJAぎふは相手のミスを誘い第3セットを奪い返す。
 第4セット、両チームの力と技がぶつかり合い1点を争う試合となるが、最後は地力に勝るJTの攻撃がさえ、中村がライトから力強いスパイクを決めて、粘るJAぎふを振り切り勝利をつかんだ。JTはV・チャレンジリーグⅠ全勝優勝まであと一勝となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 渡部 隆一