V・チャレンジリーグⅠ女子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
676
[開催日]
2016/02/14
[会場]
金沢市総合体育館
[観客数]
1,440
[開始時間]
14:10
[終了時間]
15:25
[試合時間]
1:15
[主審]
赤川 孝義
[副審]
国沢 雄介

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 金子 健太郎
通算ポイント: 47
通算: 16勝3敗
0

ポイント
0
19 第1セット
【0:24】
25 3

ポイント
3
19 第2セット
【0:23】
25
14 第3セット
【0:22】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 56
通算: 19勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 地元で本当に沢山の応援を頂いた中、何とかJTに勝利を挙げたかったが、サーブレシーブが崩れて常にリードを許す展開でストレートで敗れてしまい、自分達に足りないことを確認した試合だった。入替戦を見据え、プレッシャーのかかる中で戦わなければいけないが、1点の重み、1点の大事さをもう1度練習の中で感じながら取り組んでいきたい。
 2日間、ホームゲームということで本当に沢山の応援を頂き、心から感謝いたします。今シーズンのホームゲームは終了しましたが、チャレンジマッチに向け、精進して頑張りたい。

19 清水(眞)
(清水(ま))
江畑
()
シッティラック
()
田中(美)
()
25
松浦
()
宇田
()
芥川
()
奥村
()
三橋
()
矢野
()
中村
()
田中(瑞)
()
新井 (谷) リベロ 小幡
19 清水(眞)
(清水(ま))
江畑
()
シッティラック
()
田中(美)
()
25
松浦
(石橋)
宇田
(坂下)
芥川
()
奥村
()
三橋
()
矢野
()
中村
()
田中(瑞)
()
新井 (谷) リベロ 小幡
14 清水(眞)
(清水(ま))
江畑
()
シッティラック
()
田中(美)
(安藤)
25
石橋
()
坂下
(宇田)
芥川
()
奥村
()
三橋
()
矢野
()
中村
(山本)
田中(瑞)
()
新井 (谷) リベロ 小幡

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 試合を通してサーブを効果的に打つことができ、優位に試合を進めることができた。また、ファーストサイドアウトもよく切れ、勝利につなげることができた。
 リーグ戦残り2試合となるが、自チームの戦いをしっかり発揮できるよう練習に取り組みたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 現在1位のJTマーヴェラスと2位PFUブルーキャッツのレギュラーラウンド最後となる直接対決。
 第1セット序盤、JTは奥村、シッティラックのスパイクで得点を重ねリードする。PFUは江畑を中心にボールを集め得点を重ねるが、少しずつ離されていく。中盤、PFUは三橋のサービスエースやリベロ谷の好レシーブから江畑が切れのあるスパイクを決め、連続得点を奪う場面もあったが、追いつくことができずJTが先取した。
 第2セットは序盤、PFUがレシーブから清水(眞)がスパイクやブロックを決め、リードを奪う。中盤、JTは中村のサーブが効果的に機能し、奥村のブロックから逆転すると、その後はPFUに追いつく隙を与えずセットを連取した。
 第3セット、流れを変えたいPFUはスターティングメンバーをキャプテン坂下、セッターを石橋に代えてスタートする。江畑、坂下、矢野が力のあるスパイクを決めるが、攻守ともに安定したJTは終始リードで試合を進め、全勝を守りぬいた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 松谷 俊宏